人に語れるようになる“ITのツボ”(第3回)ビジネスフォンを“クラウド化”すべき理由とは

音声通話

2016.05.11

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 近年、ビジネスフォンのクラウド化が進みつつあります。従来のオンプレミス型と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。クラウド型ビジネスフォンの特徴についてご紹介します。

 多くの企業で導入されている「ビジネスフォン」。前回はビジネスフォンの基本的な知識を紹介しましたが、今回は「クラウド型ビジネスフォン」についてです。「クラウド型」は、従来の「オンプレミス型」と比べ、どのようなメリットがあるのでしょうか?

クラウド型ビジネスフォンはオンプレミス型と比べ何が便利なのか?

 オンプレミス型のビジネスフォンとクラウド型ビジネスフォンの一番の違いは、自社のサーバールームなどに設置する主装置の有無です。従来のビジネスフォンは、主装置に電話機を接続することで、内線電話機同士の通話や転送ができるようになります。主装置というハードウエアを設置して運用するため、経年劣化が発生したり、システムの更新などによる管理コストも必要になったりします。

 一方、クラウド型ビジネスフォンは、主装置の代わりとなるサーバーをクラウド上に置くことで、自社に主装置を設置する必要がなくなります。主装置の劣化に伴うハードウエアの交換コストやシステム更新に伴う管理コストが削減できます。

 従来のオンプレミス型のビジネスフォンは、回線を増設する場合に配線工事が必要なため、使用できるまでに時間がかかります。一方クラウド型は、インターネット上で回線を管理しているため、増設の際の手間や時間が軽減でき、効率良く導入できます。

 こうしたメリットによって、業務拡大や営業所の新設の際にも、内線が使用できる環境を速やかにつくり出せます。社内レイアウトの変更やオフィス移転の際にも内線番号の変更や電話回線の工事が不要です。短期的な出張用の事務所などにも容易に内線電話環境を設置できます。

在宅時や海外出張時でも内線利用可…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=鮎川 大

関西で活動する営業出身のフリーライター兼ディレクター。ビジネス系のコンテンツを中心に、医療・ファッション・食品・HPのトップページなど幅広い分野に精通。またサイトの運営・管理から外注のディレクションまで一貫して請け負い、コミュニケーションを重視するのが特徴。

あわせて読みたい記事

  • ビジネスを加速させるワークスタイル(第1回)

    スマートフォンは手放せない。だからこその課題

    音声通話 働き方改革 スマホ

    2015.12.16

「音声通話」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。