テクノロジーでビジネスの現場が変わる!(第1回)出張消滅か。マイクロソフトの新ホログラム技術

IT・テクノロジー テレワーク

2016.06.14

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 遠隔地にいる人と、いつでも実際に会って話ができる。SFの世界ではいろんな形で描かれてきましたが、いよいよそれが現実化するかもしれない技術が発表されました。それは一体どのようなテクノロジーなのか、私たちの仕事や生活にどのような変化をもたらすのでしょうか。

TV会議やWeb会議でコミュニケーションは改善されたか?

 既に企業での導入が進んでいるTV会議やWeb会議は、遠隔地でも容易に対面でのコミュニケーションを可能にし、情報伝達や社員間のコラボレーションを今まで以上に促進しています。また、会議のたびに発生する移動費や出張費を削減し、さらに移動時間の無駄を省くというメリットも見逃せません。日常的にこれらを利用している企業やビジネスパーソンにとっては、今では手放せないビジネスツールになっているでしょう。

 しかし完全にFace to Faceの代替コミュニケーションになっているかといえば、またそれも微妙なところです。確かにTV会議やWeb会議で相手の顔を見ながら話せるようになったとはいえ、やはりまだお互いの距離を感じる方も少なくないはずです。

 マイクロソフトが開発した「horoportation(ホロポーテーション)」という技術は、お互いの距離感を飛躍的に縮め、遠隔地でのコミュニケーションをさらに円滑にしてくれるかもしれません。

 バーチャルなものをよりリアルに表現するVR(Virtual Reality=バーチャル・リアリティ)技術や、ヘッドマウントディスプレイを用いて現実世界に3D映像を重ねて表示できるホロレンズは以前から開発が進められ、既に実用化が始まっています。今回発表された「ホロポーテーション」は、現実に遠隔地に存在するものや人をリアルタイムで目の前に3D映像で映し出すことができるテクノロジーです。

離れた場所にあるものを目の前に出現させる…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小島 高広

フリーライター。長年BPOサービス企業にてサービスマネジメントやセールスプランニング、システム設計に携わる。ITとテクノロジーそしてビジネスの3つの視点から各種の記事を執筆中。

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。