「情報漏えい、当社に関係なし」の嘘(第2回)セキュリティーに魔法のつえはない。最新「多層防御」

ネットワークセキュリティ

2016.08.03

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 情報漏えいは、「まさか」「そんなはずはない」といった思い込みが大きな被害を招く。JTBが2016年6月に公表した情報漏えい事件では、約793万人の個人情報が流出した恐れがある。その中には約4300件の現在有効なパスポート番号が含まれているという。

 攻撃者は巧妙に手口を変えて企業システムを攻撃し、情報を盗み取ったり、システムを破壊してビジネスを停滞させたりする。JTBの事件で攻撃者は、問い合わせ用窓口に標的型攻撃メールを送りつけた。メールアドレスのドメインは取引先のもので、メールタイトルも添付ファイル名も正規の業務に関連していたため、問い合わせ担当者は開封せざるを得なかったという。担当者が開いた添付ファイルにウイルスが仕込まれており、個人情報が外部に送信された。このように攻撃者が業界に精通している場合、単にファイアウォールを入れているだけでは、攻撃を防ぎ切れないのが実情だ。

攻撃対象が広がり、中小企業も狙われている

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「ネットワークセキュリティ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。