トレンドワードから効率化を読む(第17回)

テレワークで「リモートデスクトップ方式」を活用!

2020.10.29

クリップについて

 昨今、注目を集めるテレワークを実現するには、複数のシステム方式があります。その中でも、テレワークにおけるセキュリティリスクを最小限に抑えることが期待できる方式として「リモートデスクトップ方式」が採用されるケースがあります。

 今回は、テレワークにおけるリモートデスクトップ方式の概要から、メリット・デメリット、導入する際のチェックポイントを紹介します。

テレワークのためのシステム環境「リモートデスクトップ方式」

 テレワークは時間や場所にとらわれない自由な働き方を目的とした施策ですが、その実現方法には複数のシステム方式があります。ここでは、テレワークを実現するシステム方式の種類と併せて、リモートデスクトップ方式の概要について見ていきましょう。

<テレワークを実現するシステム方式の種類>… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00148017

執筆=太田 勇輔

ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト保有。インフラエンジニアとして、官公庁や銀行などのシステム更改をメインに10年従事した後、IT関連ライターとして活動中。プログラミング、ネットワーク、セキュリティなどの解説記事を中心に執筆している。

関連のある記事

あわせて読みたい記事

連載記事≪トレンドワードから効率化を読む≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる