雑談力を強くする時事ネタ・キーワード(第18回)

自治体と民間のポイントを合わせて有効活用が可能に

2017.10.23

クリップについて

 クレジットカードでの買い物や航空会社の利用などでためることができる「ポイント」は、私たちの生活の中ですっかりなじみのものとなった。総務省が2017年9月25日にスタートさせた「自治体ポイント制度」は、こうしたポイントを地域活性化に生かす新しい試みだ。

 自治体ポイント制度では、ボランティアなど地域活動を行った人に地方自治体がポイントを付与する。ためたポイントは「1自治体ポイント=1円分」として計算。地域の商店街での買い物や公共施設の利用、オンラインでの名産品などの購入などに利用できる。

 清掃や介護支援などのボランティア活動、手話奉仕員養成講座や認知症サポーター養成講座への参加などによってポイントを与える自治体もある。さらに医療費削減が日本の大きな課題となっている今、健康づくりプログラムへの参加や健康診断の受診などに対して健康ポイントを付与する自治体もあるが、このポイントも自治体ポイント制度の対象になっている。

民間発行のポイントを合算して使える… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00056018

執筆=山本 貴也

出版社勤務を経て、フリーランスの編集者・ライターとして活動。投資、ビジネス分野を中心に書籍・雑誌・WEBの編集・執筆を手掛け、「日経マネー」「ロイター.co.jp」などのコンテンツ制作に携わる。書籍はビジネス関連を中心に50冊以上を編集、執筆。

関連のある記事

連載記事≪雑談力を強くする時事ネタ・キーワード≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる