技術TODAY(第11回)2020年商用化をめざす次世代無線通信「5G」

データ通信 自動化・AI IoT・インフラ

2017.10.30

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 スマートフォンなどの無線通信方式が、「4G LTE」などといわれているのを耳にすることがあるだろう。「G」はジェネレーションの頭文字だ。移動体通信方式の世代を示す。NTTドコモの「Xi(クロッシィ)」、auの「4G LTE」、ソフトバンクの「SoftBank 4G LTE/4G」が4G、つまり第4世代だ。その先に来る第5世代である「5G」の時代の到来が、着々と近づいている。2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催される年を目標に、世界的に商用化への準備が進んでいる。

 移動体通信方式の世代は、およそ10年ごとに変化してきた。1980年代にはアナログ方式の1G、1990年代にデジタル方式の2Gが登場し、2000年代は高速データ通信が可能な3Gへと進化した。

 スマートフォンが主流になった現在は、3Gよりも周波数利用効率が高い4Gによって、動画や写真を駆使したSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)など、多量のデータをやり取りするサービスが支えられてきた。こうして見ると、2020年に5Gが始まろうとしていることは、自然な流れに感じられるだろう。次世代の無線通信方式は、新しい世界を切り開く可能性を秘めている。

高速化するだけではない「5G」

 多くの読者は「移動体通信方式の世代が上がると、データ通信速度が高速化する」のをご存じだろう。3Gが始まった頃は下り最大384kbpsで、それまでの2Gの数十倍も高速になった。4G(厳密には3.9G)のLTEが始まったときも、75Mbpsといった高速データ通信がユーザーへのアピールポイントになった。

 現在、LTEが進化したLTE-Advancedのサービスでは、国内で1Gbpsに近い通信速度が実現されている。こうした流れは5Gでも引き継がれ、最速で20Gbpsといった超高速データ通信が目標になっている。

 一方で、「そんなに高速になっても何に使うの?」という疑問を持つ方もいるだろう。4Kや8Kの超高精細動画を“無線で”受信して楽しむことはできそうだが、スマートフォンやタブレットのディスプレーサイズでは、そんなに超高精細な画像が必要かという問題もある。

 実は、5Gでは高速化と並んで、複数の要件が掲げられている。5Gの要求条件は大きく3つのジャンルに分けられ、それぞれにさまざまなユースケースが想定されているのだ。1つは現状のモバイルブロードバンドの拡張で、高速化を進めるとともに、大容量の通信を実現できるようにする。

 2つ目は超大量のデバイスによる通信への対応。IoT(モノのインターネット)の進展が見込まれる中で、多くのIoTデバイスが無線通信をすると考えられる。大量の端末の無線接続を可能にし、長距離で通信が可能で端末の電力を極力消費しない――といった無線通信を実現しようとしている。

 3つ目は高い信頼性と低遅延の性能を求めること。無線通信を介した自動運転の実現や、遠隔手術のような遠隔地からの機器操作など、ミスが起きてはいけない用途での利用を想定する。

5G実現に向けて多くの最新技術を結集…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

あわせて読みたい記事

  • 潜行するサイバー攻撃(第2回)

    IoT時代の新犯罪

    脅威・サイバー攻撃 IoT・インフラ

    2017.06.14

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第13回)

    生活を便利にするIoT。新規ビジネスにも

    IoT・インフラ

    2017.04.10

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第5回)

    大手3社か。それとも格安SIM・格安スマホか

    音声通話 IT・テクノロジー

    2016.08.26

  • 社長のための戦略的IT経営物語(第4回)

    私物のスマートフォンをうまく業務活用する会社

    音声通話 スマホ

    2016.10.19

「データ通信」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。