プロ野球に学ぶ、組織の力を伸ばした男たち(第2回)上田利治監督に見る、リーダーシップの神髄

人材活用

2017.09.26

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 2017年7月、パ・リーグの歴史に燦然(さんぜん)と輝く名監督の1人、上田利治(うえだとしはる)氏が80年の人生に幕を下ろした。上田氏は1970~80年代に阪急ブレーブスの黄金時代を築いたことで知られている。

 その半生を振り返ると、指導者として過ごした時間のほうが長いのが特徴だ。1959年、広島カープに入団するも、肩の故障を理由にわずか3年で現役を引退。そこから指導者人生がスタートし、20年の監督生活では通算1322勝(歴代7位)、日本シリーズ3連覇(史上4人)を果たした。また20年以上の監督人生で、一度も最下位を経験しなかった(史上3人)という安定感も名監督といわれる理由である。

 上田監督のマネジメント術とはどんなものだったのか?実はビジネスでも生かせるヒントに満ちあふれている。

上田氏が歩んだ「異なる」4つのキャリアステージ

 上田氏の指導者としての足跡は、コーチや監督など4つのステージに分けられる。

●24歳で日本プロ野球史上最年少の専任コーチに就任した広島時代
●全盛期を迎えつつあったチームの監督に抜てきされた阪急黄金時代
●強豪でありながらマンネリを迎えつつあったチームで再び指揮を執った第2期阪急~オリックス時代
●最下位に沈むチームの立て直しを任された日本ハムファイターズ時代

 このように、上田氏は事情や目標が異なるチームで手腕を発揮して、勝ち星を重ねてきたのだ。ビジネスシーンに例えるならば――

●広島時代=経験豊富な年上の部下がそろう組織に就いた新任管理職
●阪急黄金時代=先代の跡を継いだ2代目経営者。もしくは、実績があり勢いもある企業や部署に招かれた若き管理職・経営者
●第2期阪急~オリックス時代=マンネリ化し成績が下降線をたどり始めた企業の管理職・経営者
●日本ハム時代=弱小企業の管理職・経営者

 となるのではないか。それぞれの時代で、上田氏がどのように取り組んできたのかを振り返る。

“新任・実績なし”を逆手に取った指導方法…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=峯 英一郎studio woofoo

ライター・キャリア&ITコンサルタント。IT企業から独立後、キャリア開発のセミナーやコンサルティング、さまざまな分野・ポジションで活躍するビジネス・パーソンや企業を取材・執筆するなどメディア制作を行う。IT分野のコンサルティングや執筆にも注力している。

「人材活用」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。