雑談力を強くする時事ネタ・キーワード(第20回)ローソンが店内厨房、フードデリバリー参入

時事潮流

2022.03.23

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 コンビニエンスストアといえば、何でもあっていつでもオープンしている便利なお店。だが、多くの場合は買い物をするにはコンビニまで出掛ける必要がある。そのコンビニが、出来たて料理を作って届けてくれるフードデリバリーの役割も果たす場へ進化しそうだ。2022年1月、ローソンが店内厨房を活用したフードデリバリー事業に参入すると発表した。

 ローソンでは、これまでもフードデリバリー大手のUber Eats(ウーバーイーツ)と協業し、店内の弁当や飲料、菓子、日用品などを宅配するサービスを手掛けていた。そこに、店内の厨房で調理した出来たての料理をUber Eatsの配達員が届けるサービスが加わる。フードデリバリーに対応できるレストランが少ない地域でも、ローソンがその地域のキッチンになって温かい食事を届けてくれそうだ。

急成長のデリバリー市場を開拓

 料理を宅配するフードデリバリーの市場は、コロナ禍による外食、アルコール提供の制限や在宅勤務の増加などを追い風に急成長を続けている。

 NPD Japan(エヌピーディー・ジャパン)の調べによると、2021年のデリバリー市場は7909億円に上り、前年比では26ポイントの増加、コロナ前の2019年の同期と比較すると89ポイント増と、約2倍の勢いで成長しているのだ。レストラン売り上げに占めるデリバリーの比率も、2019年の3.1%から、2020年には6.5%、2021年になると9.0%と、2年で3倍近くに伸びている。

【デリバリー(出前)市場規模推移】

出所:NPD Japan, エヌピーディー・ジャパン調べ

料理宅配の仕組み。Uber Eats経由で注文受付…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

あわせて読みたい記事

  • 販路拡大のキモ(第8回)

    2年間で変容。消費形態のキャッチアップ不可欠

    販路拡大

    2022.03.23

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第20回)

    宅配クライシスを乗り切るITまとめ

    脅威・サイバー攻撃 IT・テクノロジー

    2017.09.29

  • 技術TODAY(第9回)

    人手不足の解決に朗報、自動運転車やドローンで宅配

    IT・テクノロジー

    2017.07.31

「時事潮流」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

雑談力を強くする時事ネタ・キーワード

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。