LINEで仕事を(第20回)LINEの「アルバム」に写真を保存する

スマホ スキルアップ

2020.12.17

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 LINEには、「アルバム」と「ノート」という機能がある。これは以前からある機能だが、皆さんはこの2つをきちんと使いこなしているだろうか? かくいう筆者もあまり積極的に使っていなかった。写真や動画はトークルームでシェアしていたのだが、ちょっと痛い目に遭ったことがあるので、それからこの2つの機能を使うようにしている。

 「もちろん使っているよ」という人も多いかもしれないが、あまり使っていない人のために今回はアルバムの使い方を説明しよう。

アルバムで写真をシェアするメリット

 アルバムは、相手やグループと写真を共有できる機能だ。メリットは大きく2つ。1つは関連写真をまとめておけること。アルバムを作っておけば、グループの人なら誰でもそこに写真を投稿できるので、例えば旅行など行事ごとにアルバムを1つずつ作ることができる。後から見返すときも分かりやすい。

 もう1つは、保存期間に制限がないこと。トーク画面に投稿したものは、一定期間を過ぎると見られなくなる。筆者の「痛い目」とはこれだった。トーク画面にアップされたものをしばらくたってから見返そうと思ったら、期限切れで見ることができなかった。さらにそれは相手がアップしたものなので、その写真や動画を閲覧するにはその相手に再度アップをお願いしなくてはならない。その上、それが親しい友だちではなく仕事関係の人だったので、再度お願いするのにかなり恐縮してしまった。

 この「一定期間」というのは写真によって異なるようだ。拡大して見たかどうかに依存するという例もあるようだが、明確な期限は不明だ。2週間ほどたったら期限が切れると思っておいたほうがよいだろう。

動画の例だが、左のように表示され、タップしても閲覧できない

 

新規にアルバムを作成する

 では、アルバムの作成方法を見ていこう。やり方は、新規のアルバムを作成する際に写真を選択し、そのアルバムにタイトルをつければいい。

右上のメニューボタンをタップし、「アルバム」をタップ

 

「+」を押して新規作成。このアルバムに入れたい写真を選んで「次へ」をタップ

 

タイトルをつけて「作成」をタップするとアルバムができた

 

新規のアルバムが追加された。トーク画面ではこのように表示される

 

トーク画面にアップされた写真をアルバムに追加するには…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

「スマホ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

LINEで仕事を

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。