IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第38回)オッサン必見。若者に“しったか”LINEサービス

IT・テクノロジー スマホ

2019.02.21

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 今や最もポピュラーな連絡ツールの「LINE」だが、なりすましや詐欺、やり取りの煩わしさなど、ネガティブな面もよく話題に上がる。それ故、「使わない主義」を通す人もいる。筆者も最近、友人といとこをLINEに誘ったが、「そのうちね…」と、断られてしまった。

 臆する気持ちは分からなくはないが、「食わず嫌い」はもったいない。実はLINEには、友だちや家族とのやり取り以外にも、時事やIT、スポーツ、芸能などのニュースをLINE上でチェックできたり、おトクな情報やクーポンをゲットしたりできる。そればかりかデリバリーを頼めるし、気になるアーティストのチケットを予約できるし、トークで悩み事を相談したり、占い師さんに占ってもらえたり、役立つサービスがいっぱいある。

 これらは基本的に、見たい情報や使いたい機能(公式アカウント)を見つけて「友だち追加」するだけ。いつものトーク画面と同じ使い勝手で操作もラクラクだ。

LINEの各種サービスを使うには、機能別の公式アカウントを友だちとして追加する。トーク画面で情報が届くが、会話は基本的にAIが相手。画面は地域の天気の変化を通知してくれる「LINEお天気」の通知設定

 そんな便利なLINEの機能やサービスを使わない手はない。昨年追加された新サービスをはじめ、お薦めのサービスの紹介しよう。

新サービス「トークCARE」「LINEトラベル」「LINE QUICK GAME」

 専門家に悩み事をトーク上で相談できる「トークCARE 悩み相談」は、LINEで24時間365日、いつでも専門家に悩みを相談できるサービスだ。自身の悩み事はなかなか誰にも言えずに困っているもの。そんなときに“友だち追加”しておけば、好きな専門家を選んで、トークもしくは電話で悩み事を相談できる。1分100円程度。初期登録時は10分の無料チケットが付いてくる。

トークを使って誰にもいえない悩みを専門家に相談できる「トークCARE 悩み相談」は、LINEの新機能の目玉ともいえるサービスだ。まずはジャンルを選び、相談する専門家を選ぶ

 「LINEトラベル」は、約250社から集めた最安値で旅行が予約できる。LINEトラベルを“友だち追加”。航空券検索、ホテル検索、ツアー検索の3つの中から選んで条件を入力すると、検索結果が表示される。「予約」ボタンから最安値での予約が可能だ。行き先が決まっていないときは、人気エリアやランキング情報も参考になる。

 100円からさまざまな生活シーンをサポートする保険にいつでも簡単に加入できる「LINEほけん」は、なかなか重宝しそうな保険がいっぱい。コンサートやスポーツ、演劇などの、チケット購入から会場入場までスマホだけでOK、という「LINEチケット」も、今後、何かと役立ちそうだ。

 「LINEショッピング」には、商品名が分からなくても、写真や画像で商品検索ができる「ショッピングレンズ」機能が新たに追加された。検索窓の右にあるアイコンをタップ、写真を撮るか、既存の写真から選んで、検索結果から商品を購入できる。

 LINE上で遊べる「LINE QUICK GAME」は、1人でも友だち同士でも楽しめる。LINE QUICK GAMEを追加、クイズやナンプレ、たまごっちなど、好きなゲームを選ぶ。選んだゲームそのものも友だちとして追加され、トーク画面からすぐに遊べる。

 そのほか、資産運用データや日々の支出入状況を一元管理する「LINE家計簿」、AIアシスタント「Clova」搭載のスマートスピーカーのさらなる機能強化など、LINEの発展は止まらない。

まだあるLINEサービス。一挙に紹介…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。