IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第96回)2022年6月、IEのサポートが終了。至急の対策を

IT・テクノロジー

2022.06.08

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 2021年5月、マイクロソフト社は、Windows 10のWebブラウザー、「Internet Explorer(以下、IE)」の後継は「Microsoft Edge(以下、Edge)」で行うことを発表した。一般向けIEは2022年6月16日(日本時間)で完全にサポートを終了する。

 IEは1995年のWindows 95からWindows 10に至るまでのWindowsファミリーに標準搭載され、30年近くの歴史を刻んできた。最盛期には90%以上のシェアを誇り、ウェブコンテンツ作成の事実上の標準になった。現行バージョンの11は2013年10月に公開されたものだ。

 Windows 10から、IEの後継として開発されたEdgeが標準搭載されている。その理由は、「Webを取り巻く技術革新や市場の変化、日々更新されるWeb標準仕様、セキュリティ対策に根本的に対応するため」という。

2022年6月、Internet Explorerのサポートがついに終了

 Edgeの初版は2015年だが、2020年に公開された新Edgeは、Google ChromeのコードベースでもあるChromiumで再構築され、それまでのEdgeHTMLベースの旧Edgeと大きく異なる。新EdgeはIE 11と完全な互換性を持つ「IEモード」を搭載、Chromeウェブストアの拡張機能も利用できる。

 一方IEは、全盛期のIE 6から徐々にシェアが減り、ChromeやEdge、Firefox、Safariなどのモダンブラウザーにシェアを明け渡している。Windows 10でのIEは互換性維持という立ち位置で「Windows アクセサリ」にひっそり搭載されている。「IEが終わるからって、一体何の支障があるの?」と思う人もいるだろう。

 問題は、IEが長い間Web作成の標準となっていたため、IEのみで動作するよう作成されたコンテンツ(以下、「IEコンテンツ」)が、Webサイトや組織内のブラウザーベースシステムに未だに多く存在するという事実だ。これらはIEコンテンツのため、依然としてIEが利用されているケースがある。法人、特に公的機関ではIEが推奨環境として現役であることが多いという。

終了後IEは起動せず、Edgeが起動。異例の「サポート終了」仕様に戸惑い…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。