IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第7回)YouTubeで世界征服・ピコ太郎。企業も利用すべき

IT・テクノロジー

2016.11.15

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 ピコ太郎がYouTubeにアップロードした動画が世界中で話題だ。再生回数世界一、全米ビルボードソングチャートにランクイン。ギネス記録にも認定など、その勢いはとどまることを知らない。

 動画は言語に関係なく世界中の人々に注目される可能性を秘めている。YouTubeはそんな動画を個人でも企業でも公開できる。企業でも活用しない手はない。

 ピコ太郎は、芸人でDJでもある古坂大魔王がふんする。表向きは、古坂が発掘してプロデュースする別人アーティストだ。自ら制作した「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」を動画共有サイトYouTube上に公開したのが今年の8月25日。聴いていて癖になるラップ風のサウンドと分かりやすいパフォーマンスがネット上で話題となった。

 このPPAP、シンプルな詞と動きで誰でもまねしやすいのが特徴。多くのユーザーが「やってみた」「歌ってみた」動画をアップし、人気の加速につながった。さらに、歌詞が英語だったことで、海外にも受け入れられた。9月25日、英語圏の面白動画サイト「9GAG」(ナインギャグ)に掲載。5時間で600万、8時間で1000万再生を超えたという(本人のツイートからの情報による)。

 BBCなどのメディアにも紹介されて注目を浴び、さらにその後、人気アーティストのジャスティン・ビーバーがTwitterで「ボクの好きな動画だよ」と紹介したことで飛躍的に拡散した。ちなみにジャスティンはTwitterのフォロワー数世界第2位、その影響は絶大である。

 10月19日付けの米ビルボードのシングルチャートで初登場77位を記録、これは日本人として26年ぶり、7人目の記録である。さらに、「Shortest song to enter the Billboard Hot 100」(米ビルボードのホット100に入った最短の曲)としてギネス世界記録にも認定された。11月4日に出演したテレビの音楽番組で、「BBCなど、有名メディアから直接連絡が来て驚いた」などのコメントを残している。

動画メディアへの参加は意外に容易…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • めざせトップセールス!営業の必勝技術(第4回)

    今どきの営業事情。SNSを新規顧客獲得手段に

    スキルアップ

    2016.09.23

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。