IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第46回)よく聞く出前サービスUber Eatsの仕組み

IT・テクノロジー

2019.07.24

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 最近、よく「はやりのタピオカミルクティーをウーバーで頼んだ」とか、「お気に入りの店の料理を頼める」などと話題に上る「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。簡単に言うと、マクドナルドやケンタッキーなどのファストフードも好きな時間に玄関先まで届けてもらえる出前サービス、といったところだ。

 ウーバーイーツで出前を頼むには、スマホにアプリをインストールする。ユーザー登録の後、届けてもらいたい場所(スマホの現在地でもOK)を設定すると、お届け可能な店が、所要時間や配送手数料とともに一覧表示される。ユーザーはお店とメニューを選び、配達場所と希望時刻を入力するだけだ。支払いもクレジット決済ならキャッシュレス、アプリのみで完結する。もちろん、現金での決済も可能だ。注文するとアプリに配達員の名前と顔写真が表示され、位置が地図上で確認できる。

 出前というシステム自体は古くからある。最近だと、「ガスト」「銀のさら」「ドミノピザ」など、デリバリーサービス付きのレストラン、もしくはデリバリー専門のチェーン店も多くなった。だが、ウーバーイーツのお店のラインアップは独特だ。近所のレストランや飲食店に加え、マクドナルドや牛丼店、はなまるうどんなど、普段デリバリーサービスを行っていないファストフード、さらには1点から頼める(チェーン店のサービスは1回の注文が1500円以上など、制限がある場合が多い)のが特徴だ。ウーバーイーツを提供する「ウーバー」が、デリバリーを代行している。飲食店では負担が少なくデリバリーサービスを行え、登録する飲食店も増えつつある。

さまざまなジャンルのお店が並ぶ、ウーバーイーツのラインアップ

パートナーとして空いた時間に働ける仕組み…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • 技術TODAY(第9回)

    人手不足の解決に朗報、自動運転車やドローンで宅配

    IT・テクノロジー

    2017.07.31

  • 中小企業のトレンド(第30回)

    異業種が続々と参入しシェアサイクル競争が激化

    時事潮流 増収施策

    2018.01.18

  • 新規事業に挑戦!(第6回)

    商品、顧客、販売方法を「ズラし」て事業を再生

    販路拡大

    2016.09.12

  • ビジネスを加速させるワークスタイル(第5回)

    社員の居場所、把握していますか?

    テレワーク

    2016.03.16

  • 急務!法対応(第2回)

    軽減税率で大混乱する飲食業、レジ変更が急務

    人手不足対策 法・制度対応 業務・勤怠の管理

    2017.09.22

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。