IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第93回)ロシアのウクライナ侵攻がICTに大きな影響

脅威・サイバー攻撃 時事潮流

2022.04.06

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 ロシアのウクライナに対する軍事侵攻は直接の軍事攻撃のほか、情報戦やサイバー攻撃、経済制裁なども組み合わさって「ハイブリッド戦争」というキーワードも出てきている。

 ウクライナは「欧州の穀倉」といわれるなど穀物の輸出で有名だが、旧ソ連時代から科学技術が栄え、IT人材が豊富なIT大国としても知られる。米グーグルや韓国サムスンのほか日本企業も開発拠点を置いてきた。ITに関しては、ウクライナのIT人材、IT開発拠点への影響のほか、半導体生産に必要なレアガスやレアメタルなど原材料の一部にロシアやウクライナへの依存度が高いものがあり、長期化している世界的な半導体不足に拍車をかけるといわれている。

 3月11日、IT専門調査会社のIDCは、ロシアのウクライナ侵攻が世界のICT市場に与える影響についてのレポートを発表した。それによれば、ロシアのウクライナ侵攻とそれに伴う外交的・経済的対応は、世界にとって重大な転換点になるといわれ、特に情報通信技術(ICT)市場は、紛争そのものだけでなく、米国、EU、その他の国々がロシアに課した経済制裁の影響も大きく受けるとされる。

技術需要の変動など世界経済に大きな影響…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • “新常態”に対応せよ(第10回)

    半導体不足でオフィスの電子機器が消える?

    時事潮流

    2022.04.18

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第80回)

    ランサムウエア最近の潮流。手口の変化

    脅威・サイバー攻撃 IT・テクノロジー

    2021.08.04

  • 潜行するサイバー攻撃(第8回)

    FBIから届いた「偽メール」の正体

    脅威・サイバー攻撃

    2022.01.05

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。