IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第111回)Microsoft、「Office」を「Microsoft 365」にリブランディング

IT・テクノロジー パソコン

公開日:2022.11.30

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 仕事やプライベートに欠かせない「Microsoft Office」。ワードやエクセル、パワーポイントなど総合的なオフィスツールとして親しんでいる人も多いだろう。各種アプリが一式そろったスイートパッケージの他、パーソナル、ホーム&ビジネス、プロフェッショナルなど、用途に応じた組み合わせも用意されている。

 1990年にリリースされたMicrosoft Office。パソコンが一般普及し始めた90年代後半、ビジネス向けのソフトとしては、ワープロ機能は「一太郎」が、表計算機能には「Lotus 1-2-3」などがよく使われていた。その後、Windowsがパソコン用のOSとして普及するにつれ、Microsoft Officeの人気が高まり、オフィスツールのデファクトスタンダードとして認知されていった。

「Microsoft 365」へのリブランド発表

 2009年になると、クラウド上にドキュメントを作成、編集、共有できるオンラインアプリ「Microsoft Office Web App」(Web用ワード、エクセル、パワーポイント)の提供を開始。2011年には、サブスクで提供されるクラウド環境ベースの「Office 365」を企業向けに開始し、2013年には個人向けにも開始された(Office 365は2020年4月、「Microsoft 365」に名称変更)。

 そして、2022年10月、MicrosoftはワードやエクセルなどのOffice製品を従来のMicrosoft Officeから「Microsoft 365」に変更すると発表。長年親しんだMicrosoft Officeという名称がなくなるとして、大きく話題を呼んだ。

 その詳細については「OfficeはMicrosoft 365になります」を参照しよう。ワードやエクセル、パワーポイントなど個々のアプリは引き続き存在するものの、アプリ一式がそろったパッケージとしての「Office」ブランド名は廃止し、「Microsoft 365」ブランドに置き換えられる。

 Office.comでの変更のロールアウトは11月から開始され、Windows版 OfficeアプリとOfficeモバイルアプリでの変更のロールアウトは2023年1月に開始を予定している。変更は自動で行われ、既存のアカウントやプロファイル、サブスクリプション、ファイルなどへの影響はないとされている。更新後には「Microsoft 365」という名称と新しいロゴに変わる。

買い切り版の「Office 2021」も発売。どんなもの?…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市在住。独学で始めたDTPがきっかけでIT関連の執筆を始める。書籍は「Windows手取り足取りトラブル解決」「自分流ブログ入門」など数十冊。Web媒体はBiz Clip、日経XTECHなど。XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年以上にわたって長期連載された人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体は日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞など。現在は、日経PC21「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clip「IT時事ネタキーワード これが気になる!」「知って得する!話題のトレンドワード」を好評連載中。

【TP】

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

2024年6月11日(火)~2024年9月30日(月)

DX・業務効率化関連

アトツギに聞く「守るために変わる」社内コミュニケーションとは

  • 新着記事

配信期間

2024年6月5日(水)~2024年7月31日(水)

カーボンニュートラル関連

カーボンニュートラル実現への第一歩~温室効果ガスの可視化・削減の最新動向と具体事例~