IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第23回)娘のiPhone X動画投稿で解雇。その顚末

脅威・サイバー攻撃 雇用・研修 IT・テクノロジー トラブル対応 スマホ

2017.12.13

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 アップルから最初のiPhoneが発売されて10周年。2017年9月12日(現地時間)、アップルのスペシャルイベントで「iPhone X(アイフォーン・テン)」が発表された。全面ディスプレー、裏面にガラスパネルを採用した特別デザイン、画期的な顔認証、ホームボタンの廃止など、アップルが開発した中で最も高度なテクノロジーを盛り込んだ。発表以来、大きな話題を呼んでいる。

 iPhone Xの発売をみんなが心待ちにする10月21日、未発売のiPhone Xを手にする動画がYouTubeに公開された。実はこの動画、アップルのエンジニアの娘が投稿した。アップルの社員食堂で撮影され、iPhoneは父親が持つ検証用の実機と思われる。動画はすぐ削除されたものの、世界中に拡散してしまった。

 アップルはこの父親を解雇したが、iPhone Xに対するみんなの期待に応えようとする娘、家族の思い出として撮影を許した父の立場など、スマホ+ネットで何でもすぐに世界中に知らせられるインターネット時代の世相と教訓がうかがえる事件だ。

なかなか買えないiPhone X

 9月のスペシャルイベントでは、通常のラインアップのiPhone 8/8 Plusの発表とともに、最後に発表された。「デバイスそのものがディスプレー」と紹介されたように、iPhone Xは、ほぼ全面を覆う5.8インチの有機ELディスプレーを搭載する。裏面はガラスパネルを採用、ワイヤレス充電規格のQiに対応した。それまでiPhoneに搭載されてきたホームボタンは廃止され、スクリーン下部に常にホームインジケーターを表示。ホームインジケーターを上にスワイプしてホームに戻るという、他のiPhoneとは異なる操作体系だ。

アップルのiPhone Xの紹介ページ

 また、従来のTouch ID(指紋認証)に代わり、3次元顔認識を用いた革命的な認証システム「Face ID」(顔認証)が採用された。これは新たに搭載されたTrueDepthカメラにより実現する。カメラも、背面レンズの広角側と望遠側の両方に手振れ補正機構が付いた。この「特別な」iPhone、64GBで11万2800円、256GBで12万9800円(いずれも税別、Apple Storeでの価格)と、値段も特別なのにもかかわらず、11月3日の発売には当日在庫目当ての行列ができた。

 今回のiPhone Xは発売以来、需要に供給が追いつかない状態が続いた。執筆現在、まだ品不足が続く。ちなみに、アップルのオンラインストアでの待ちは1~2週間程度と、かなり改善はされてきている。

 ところで、iPhoneの通常のラインアップは、3G→3GS→4→4S→5→5s→6/6 Plus→6s/6s  Plus→7/7 Plusと「S」の付くマイナーバージョンを経て、1つずつ数字を上げてきた。だが今回、通常ラインアップは7Sを飛び越して8となった。Xと同じく背面をガラスパネルにすることでワイヤレス充電に対応、「8」を名乗ったのは背面パネルの変更というところからだと思われるが、次は「8S」なのか「9」なのか、そして「X」があることでその次はどうなるかなど、興味は尽きない。

娘が投稿したのはどんな動画だったか…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • 「情報漏えい、当社に関係なし」の嘘(第8回)

    問われる“名前出し”の是非

    脅威・サイバー攻撃

    2017.07.05

  • 弁護士が語る!経営者が知っておきたい法律の話(第30回)

    ネットでの風評被害対策を整理する

    法・制度対応 トラブル対応

    2016.12.19

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第7回)

    YouTubeで世界征服・ピコ太郎。企業も利用すべき

    IT・テクノロジー

    2016.11.15

  • ビジネスに生かす中国古典の言葉(第9回)

    責任者は言葉の重さを自覚しよう

    歴史・名言

    2016.02.05

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。