IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第30回)IoTとAIで“トイレソリューション”

自動化・AI IoT・インフラ

2018.09.04

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 トイレのために長蛇の列に並ぶのは、誰しも効率が悪いと感じる。トイレの空き状況をITでという試みは、以前から行われているが、最近話題になったのは小田急電鉄だ。小田急電鉄は、新宿西口地下改札内のトイレ入り口のディスプレーに、トイレの利用状況や、新宿駅にある2つのトイレの空き情報を表示する。状況はスマホアプリでもチェックできる。「こんな機能を待っていた」と、SNSで共感の声が相次いでいる。

 今年の3~5月、IoTとAIを用いた最新技術でトイレの混雑を回避する実証実験が有楽町マルイで行われた。トイレの空き情報をリアルタイムに配信するほか、混雑のない時間帯にはAIが情報を分析して広告配信を行う。ほかにも、利用状況に応じた節電や節水、清掃やメンテ、オフィス全体の利用状況の表示など、サービスは多方面に広がっている。「トイレ」のIT化について、探ってみたい。

空き状況を確認できる「IoTトイレ」サービスの実現や実証実験が続々

 イベントなどでは、長蛇の列のトイレがあるかと思えば、余裕のあるところもある。だからといってトイレ専用の係員を置くのも非効率。トイレの状況がスマホでリアルタイムに分かれば、と思う。オフィスのトイレも同様だ。特にお昼時などだ。仕事を中断してトイレに行ってみたら満室で、いったん席に戻り、またタイミングを改めてトイレに行くとまたもや満室ということがよくあり、これもITで効率化できれば、と思う。

スマートフォンの「小田急」アプリで確認できる新宿駅トイレの空き状況

 小田急電鉄のシステムは、KDDIのトイレのIoT化支援サービス「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」を利用して構築されている。個室トイレのドアに付けられた開閉センサーと、男子トイレに付けられた人感センサーを利用する。

 このように空き情報が事前にチェックできる「IoTトイレ」は、基本的にはトイレのドアの開閉を感知するという、比較的シンプルな仕組みで実現できる。万人がメリットを享受しやすく、導入のハードルもそれほど高くない。そういえば小田急電鉄だけでなく、東京メトロも昨年末から今年初頭にかけ、池袋駅で「トイレ空室状況提供サービス」の実証実験を行っている。そんな感じで今後、さまざまな場所で実現されていきそうな気配だ。

トイレのハイテク化は加速する!?…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • 中小企業のトレンド(第33回)

    何が起きる?「高齢者の高齢化」が加速する

    時事潮流 事業承継

    2018.04.19

  • 実例で学ぶ!ドラッカーで苦境を跳ね返せ(第27回)

    部下への敬意編 挨拶から不満の相談、業務提案へ

    経営全般

    2018.02.07

  • 中小企業のトレンド(第24回)

    中小企業のLGBT対応に学生も注目

    雇用・研修 時事潮流

    2017.06.15

  • 注目を集める地方発のベンチャー(第10回)

    町工場の3代目が創ったノズルは節水率9割!

    地域活性化

    2017.01.10

「自動化・AI」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。