IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第26回)安倍首相も意識「インスタ映え」

IT・テクノロジー インバウンド対応 スマホ

2018.02.19

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 安倍首相は昨年末の12月19日、内外情勢調査会で、優先課題として掲げる「地方活性化」について、「地方活性化の鍵はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にあります」と述べた。「インスタ映えが鍵となる」ともコメントしたという。ちなみに安倍首相は12月15日にインスタ(Instagram)のアカウントを開設した。最近、若者に大人気のインスタとは、そして安倍首相の発言にもあった“インスタ映え”とは何か、そして、Facebookよりも有効といわれるインスタを使ったビジネス戦略にも迫ってみたい。

 「地域活性化の鍵はインスタ映え」という安倍首相の発言。インスタで映える、美しい風景やユニークなオブジェ、話題の光景などを広く知らしめて訪問者を増やし、地方活性化を進めようという意図は、インスタを愛用する若い世代をはじめとする広い年齢層に、アピールしようとする積極的な姿勢がうかがえる。

 国内はもとより海外からの観光客も増えつつある昨今だ。インスタは外国人のユーザーも多い。インスタ向けにアピールしていけば、地方の一名所がたちまち世界的な人気スポットにのし上がる可能性もある。

 安倍首相のインスタだが、今でも定期的に更新されていて、自らの写真で国民と交流を図っている。国内外問わず、インスタのユーザーであれば、誰しもハートやコメントを付けられる。インスタは今どきのSNSで一番の注目株ゆえ、目の付けどころは悪くなく、その姿勢は評価したい。今後も温かく見守っていければ、と筆者は思っている。

 インスタは、2人のスタンフォード大学卒業生が開発した。その名称は「インスタント」(即時)と「テレグラム」(電報)を組み合わせた造語である。スマートフォンのインスタアプリを起動。ポラロイドなど、インスタント写真をイメージさせる正方形(現在は縦長や横長の写真も投稿可能)で、風景や花、料理、自撮りなど、好きな光景やオブジェを撮影する。撮った写真にはトイカメラやポラロイドっぽい効果など画像加工を施せる。代わり映えのない日常も、工夫次第で独自の「インスタ・ワールド」に演出できるのが特徴だ。

 2010年10月にiPhoneアプリとしてリリース、12月には日本語など7カ国語に対応。3カ月で100万ユーザーを突破した。2012年2月には1500万に達した。2012年4月にAndroid版がリリースされ、直後にFacebookが買収を発表した(買収当時のユーザー数は3000万)。その後順調にユーザーを増やし、現在のユーザー数は8億人(日本のユーザー数は2000万人)といわれる。

そもそもインスタって何?…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • めざせトップセールス!営業の必勝技術(第4回)

    今どきの営業事情。SNSを新規顧客獲得手段に

    スキルアップ

    2016.09.23

  • 中小企業のトレンド(第29回)

    中小企業ならではの伝え方で企業価値を向上させる

    時事潮流 増収施策

    2017.11.16

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第19回)

    実録!Facebookアカウント乗っ取りから復活まで

    脅威・サイバー攻撃 IT・テクノロジー

    2017.08.10

  • 訪日外国人事情(第3回)

    観光客の取り込みに乗り遅れるな

    地域活性化 インバウンド対応

    2017.04.05

  • 販路拡大のキモ(第1回)

    ホームページを持たぬ会社。名刺なき営業担当者

    販路拡大

    2017.08.09

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。