IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第118回)東京都と日本マイクロソフトが連携~「行政DX」の実現に向けて

IT・テクノロジー 時事潮流

公開日:2023.03.24

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 東京都と日本マイクロソフトは2月10日、「東京全体のDX推進に向けた連携・協力に関する協定」(東京都・報道発表資料)を締結した。この協定は、相互協力かつ持続可能な協働により、都政現場でデジタルツールを駆使した業務改革の実践や、都民のQOL(生活の質)向上に資するサービス創出に取り組み、成果を横展開することでデジタルガバメントの実現につなげていくことを目的としている。

知事「デジタルの力を大いに活用しながら東京大改革」宣言、マイクロソフトと連携で

 小池知事は、2月の締結式で「世界的なデジタル先進企業であるマイクロソフトの皆さまがパートナーということで、大変、心強い。都は、デジタルの力を大いに活用しながら、東京大改革を進めている。区市町村とも一緒になって、『爆速』で東京全体のDXに取り組んでいく。グローバル企業としての知見や、クラウドやAIなどの先進技術をお持ちの御社とタッグを組むことで、取り組みは加速する。是非東京というフィールドで、様々なチャレンジをしてほしい。その成果を東京全体、全国、世界にも広げていきましょう」とコメントし、期待感を示した。都と日本マイクロソフトは、これまで東京都高度情報化推進システム(TAIMS)を中心にICT化の促進を連携してきた。今回、改めて東京全体におけるDX推進に向け連携協定を締結する運びとなった。

なぜ都がDXパートナーにマイクロソフトを選定?その理由…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市在住。独学で始めたDTPがきっかけでIT関連の執筆を始める。書籍は「Windows手取り足取りトラブル解決」「自分流ブログ入門」など数十冊。Web媒体はBiz Clip、日経XTECHなど。XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年以上にわたって長期連載された人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体は日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞など。現在は、日経PC21「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clip「IT時事ネタキーワード これが気になる!」「知って得する!話題のトレンドワード」を好評連載中。

【TP】

あわせて読みたい記事

「IT・テクノロジー」人気記事ランキング

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

無料!おすすめのダウンロード資料

  • インボイス対応状況調査2022

    インボイス対応状況調査2022

    2023年10月1日に開始予定の「インボイス制度」。同制度は、課税仕入れ等に係る消費税額を控除する仕入税額控除のための新たな仕組みだが、企業においてはこれらに伴う社内システムの見直しなどが必要となります。本制度への対応状況について、企業はどのように準備をしているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 電子帳簿保存法対応調査2023

    電子帳簿保存法対応調査2023

    2022年に施行された改正電子帳簿保存法。その猶予期間が、2023年12月31日で終了となります。多くの企業にとって、インボイス制度(同年10月スタート予定)も鑑みつつ、本制度が定める電子取引データの電子保存などに対応するための準備が喫緊の課題となります。では、企業はどのように準備を進めているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説