IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第70回)

VR、AR、MR、SR…「xR」技術一覧

2020.12.24

クリップについて

 ビジネスで仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、複合現実(MR)を活用する動きが盛んだ。コロナ禍で人との接触が制限される中、直接対面せずに行える新しいコミュニケーション手段がニーズとして浮上したからだ。

 「VRゴーグル」を装着して、ゲームやライブ、遠い名所旧跡などのバーチャル世界を、あたかもそこにいるかのように臨場感たっぷりに味わう。最近は、スマホを挿入するだけで簡単に使える紙製ゴーグルとスマホアプリで簡単に仮想世界を楽しめる。VR(バーチャル・リアリティー)は1989年頃からある言葉で、今では日常的に使われるようになった。

 バーチャルな物体や人物を現実に重ねて映し出す「AR」も触れる機会は多い。大ヒットしたスマートフォン向けゲーム「Pokémon GO」は、カメラ越しの現実の背景にポケモンが現れ、バーチャルなボールを投げて捕まえる。ほかにも観光地やイベント、商品パッケージや新聞などのマーカーにスマホのカメラをかざすと、キャラや物体が現れたり、しゃべったり踊ったり、動画を再生できたりする仕掛けもおなじみだ。

 VRやARなど、後ろに「R」が付く、仮想現実系の技術をまとめて「xR」(エックスアールまたはクロスリアリティー)と呼ぶ。ARとVRを組み合わせたゲームもあり、境界線があいまいになったり総じて論じたりするケースが増え、xRという言葉が使われるようになった。覚えておこう。

VR、AR、MR、SRの違い… 続きを読む

続きを読むにはが必要です。
まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

SID : 00071070

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、日経トレンディネットなど。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、2008年より10年にわたって長期連載した人気コラム(現在でもバックナンバーあり)。日経パソコン、日経PC21、日本経済新聞などに多く執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、日経パソコンに「ちょっと気になるITアラカルト」を好評連載中。

関連のある記事

あわせて読みたい記事

連載記事≪IT時事ネタキーワード「これが気になる!」≫

PAGE TOP

閉じる
会員登録(無料) ここでしか読めないオリジナル記事が満載
閉じる