IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第97回)ドローン登録制度始動。機体登録義務化とその影響

自動化・AI IT・テクノロジー

2022.06.21

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 2022年6月20日以降、機体重量100g以上の無人航空機(ドローン、ラジコン機)に登録が必要となり、登録なしには飛行ができなくなった。国土交通省の「無人航空機登録ポータルサイト」では、「確実な登録を」と呼びかけている。

 これまで無人航空機の定義は、重量が200g以上とされてきたが、今回100g以上の機体が航空法の規制対象に変更された。6月20日以降、100g以上の無人航空機の全機体に登録記号を表示、識別情報を電波で遠隔発信するリモートID機能を備える必要がある。

 登録は「申請(オンラインまたは書類提出)」「入金(申請通過後、手数料を納付)」、「登録記号発行(申請した無人航空機の登録記号を受け取り機体に表示)」「リモートID書き込み(スマートフォンアプリを利用して書き込む)」という4つのステップで行われる。登録は機体ごと、3年ごとに更新する必要がある。詳しくは先述の「無人航空機登録ポータルサイト」や同省の「無人航空機登録ハンドブック」「ドローン登録システム」を参考にするとよいだろう。

 ところで、無人航空機登録ハンドブックによると、登録義務化にはドローンなどの無人航空機による不適切な飛行が課題となっている点が指摘されている。この点を以下で考えていこう。

義務化の理由。利活用の一方、事故や無許可飛行が頻発。安全確保も課題…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=青木 恵美

長野県松本市生まれ。独学で始めたDTP(パソコンによる机上出版)がきっかけで、IT関連の執筆を始める。執筆書籍は『Windows手取り足取りトラブル解決』『見直すだけで安くなる、スマホおトク術』など20冊あまり。Web媒体は日経XTECH、Biz Clipなどに執筆。日経XTECHの「信州ITラプソディ」は、10年にわたって長期連載した人気コラム(バックナンバーあり)。紙媒体では日経PC21、日経パソコン、日本経済新聞などにも執筆。現在は、日経PC21に「青木恵美のIT生活羅針盤」、Biz Clipに本連載「IT時事ネタキーワード これが気になる!」を好評連載中。

あわせて読みたい記事

  • まるっとサービスナビゲーション(第3回)

    定型業務自動化ソフト「RPA」まとめ

    自動化・AI デジタル化

    2021.01.06

  • ニューノーマル処方箋(第11回)

    ドローン「免許制」で何が変わる?第一人者が解説

    自動化・AI 時事潮流

    2022.03.15

  • 技術TODAY(第9回)

    人手不足の解決に朗報、自動運転車やドローンで宅配

    IT・テクノロジー

    2017.07.31

「自動化・AI」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

IT時事ネタキーワード「これが気になる!」

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。