LINEで仕事を(第13回)テレワークのリモート会議ならLINEが簡単

スマホ スキルアップ

2020.05.28

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 コロナ禍における外出自粛要請、ほとんどの地域では解除されているが、今後もテレワークの波は続くことが予想される。テレワークでは、自分だけで進められる仕事もあるが、関係者との打ち合わせが必要なことも多い。

 5月中旬現在、家電量販店の店頭では液晶モニターやWebカメラなどがことごとく在庫切れだ。それだけ家でのパソコン環境整備やオンライン打ち合わせのためのWebカメラ需要が高まっているということだろう。

 オンライン打ち合わせをするツールとしては、「Zoom」や「Skype」、「Microsoft Teams」などいろいろあるが、グループ内の1対1または少人数の簡単な打ち合わせなら、LINEのビデオ通話を使う手もある。LINEで電話をかけるのとほぼ同様の操作でオンライン打ち合わせができる。

1対1でビデオ通話する方法

 これはなにも迷うことはない。ビデオ通話したい相手のトーク画面を表示し、受話器アイコンをタップして「ビデオ通話」を選ぶだけだ。

受話器アイコンをタップして「ビデオ通話」をタップする。「無料電話」を選べば映像なしの電話となる

 

呼び出す側の画面(左)と受ける側の画面(右)

 

 受ける側は、かかってきた相手の名前が表示され、呼び出し音が鳴る。「応答」を押せばビデオ通話が始まる。Androidの場合は、「応答」の右横の「カメラをオフ…」をタップして通話を開始すると映像なしでの通話が可能だ。iPhoneも通話開始後に映像をオフにできる。

 画面の分割方法は2種類。自分が画面左上に小さく映って相手を大きく映すパターンと、2分割にするパターンだ。画面に軽く触れてアイコン類を表示し、右上のメニューボタンを押す。相手が大きく映っているときに「分割画面で表示」を選ぶと2分割になる。分割表示しているときに「全画面で表示」をタップすると、相手が全画面に表示される。

右上のメニューボタンを押し、画面の表示方法を切り替えられる

 

複数人でビデオ通話する方法…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

「スマホ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

LINEで仕事を

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。