セキュリティ対策虎の巻(第3回)拠点間のやり取りをVPNですればセキュアになる

データ通信 ネットワークセキュリティ

2016.08.24

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 企業資産のデジタル化などネットワークの重要性が増す中、サイバー攻撃による情報漏えいなどさまざまなリスクも拡大傾向にある。

 それでは企業にどんなネットワーク環境が必要だろうか。快適に通信できる“高速性”、拠点の追加・変更にも柔軟に対応できる“拡張性”、容易な運用性に加え、不正アクセスやデータの改ざん・盗聴、攻撃者の踏み台を防ぐ“安全性”が重要になる。「ビジネスリスクを回避する意味でも、ネットワーク環境のセキュリティー強化に対応できない企業は、取引を見直さざるを得ない」と指摘する声もある。社内・社外を含めたセキュアなネットワーク環境の利用が求められているのだ。

情報漏えいや誤送信のリスクを低減するネットワーク環境

 ネットワーク環境のセキュリティーリスクを低減するには、社外と社内で分けて検討し複数の対策(多層防御)を講じる必要がある。例えば、世界中につながるインターネットは誰でも手軽に利用できるため、さまざまな攻撃を受けるリスクがある。そこで社外向けの対策として、インターネットと社内ネットワークの出入り口(ゲートウエイ)に、UTMファイアウォールなどのセキュリティー対策を施し、外部からの攻撃を防御することが重要だ。

 次に社内向けの対策である。企業の拠点間を結ぶ社内ネットワークとして、導入が進んでいるのが「VPN」(バーチャル・プライベート・ネットワーク)だ。文字通り、“仮想的”に専用のネットワークを構築する。

 その特徴は、拠点間のネットワーク上に仮想的なトンネルを作り、そのトンネル内で許可したデータのみを通信するという制御が可能なところだ。拠点間のデータのやり取りで機密情報が外部に漏れたり、外部に誤送信したりするリスクを低減できる。

インターネットVPNとIP-VPNのどちらを選ぶ?…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=山崎 俊明

あわせて読みたい記事

「データ通信」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。