強い会社の着眼点(第16回)業界別に考える!ビジネスチャットうまい活用

脅威・サイバー攻撃 IT・テクノロジー

公開日:2022.12.21

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 現在、ビジネスにおけるコミュニケーションツールの主役となっているEメール。しかし、テレワーク・リモートワークの浸透などを始めとした仕事環境の変化に伴い受信数が多くなることで、見逃しやレスポンスが遅くなるケースも増えている。そこで注目されているのがビジネスチャット。特定の相手やグループとやりとりが可能で、Eメールよりも気軽にメッセージを送ることができる。そのメリットやポイントについて実際にどんな使われ方をしているのか、医療、建設、教育という3つの業界を例に見てみよう。

素早く確実に情報を伝達し“ヒヤリハット”を回避

 ビジネスチャットのメリットの1つが素早く確実に情報が伝達できる点だ。ちょっとした連絡漏れが大きなミスにつながる医療や介護の業界では、心強いコミュニケーションツールとしてビジネスチャットが利用されている。

 医療現場にいる医療従事者は何人もの患者を担当していて情報が混乱するケースもある。しかし、ビジネスチャットであればいつでもメッセージを読み直すことができるだけでなく、重要なメッセージを一覧で表示できる機能がある場合、これらを利用して伝達ミスや見落としを防ぐことができる。またチャットのトークルームなどを作成する時に既読表示をオンに設定しておくことで、グループに入っている職員がメッセージを読んだかどうかが確認でき、電話や口頭での伝達にありがちな「言った」「聞いていない」といったトラブルを回避することができる。

 さらに、医療現場でやりとりされる患者の情報はプライバシーへの配慮が不可欠だが、特定の管理者がユーザー登録を管理するセキュアなビジネスチャットであれば部外者への情報漏えいを未然に防ぐことも可能だ。医療現場にとっては安心して利用できる大きなポイントだろう。

異なる場所で情報を共有して現場業務の見える化を…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=高橋 秀典

【MT】

あわせて読みたい記事

「脅威・サイバー攻撃」人気記事ランキング

連載バックナンバー

無料!おすすめのダウンロード資料

  • ビジネスチャット利用実態調査2022

    ビジネスチャット利用実態調査2022

    長期化するコロナ禍への対応や働き方改革の実現に向けて、テレワーク・リモートワークが一般化しつつある中、多様化する社内コミュニケーションの円滑化に向けて変化が生じています。これまでオフィスで日常的に行われていたちょっとした連絡や相談を実現するための「ビジネスチャット」の利用だ。では、実際にビジネスにおけるチャット活用度合いやツール選定はどうなっているのだろうか。その利用状況について調査を行いました。

  • 個人経営店なら知っておきたい 防犯カメラもクラウドに!安心の枠を超えたビジネス活用事例

    個人経営店なら知っておきたい 防犯カメラもクラウドに!安心の枠を超えたビジネス活用事例

    インターネット経由で遠隔確認できるクラウド型の防犯カメラは、場所を選ばず現場のカメラ映像を確認できるのが特長で、種類や利用シーンも豊富です。そもそも防犯カメラにはどんな種類・サービスがあり、どのように選べば良いのか、設置するべき業種や使用例、防犯カメラを導入した成功事例も紹介しながら解説します。

  • ”顧客に会えない時代”の営業支援ツールガイド

    ”顧客に会えない時代”の営業支援ツールガイド

    コロナ禍の長期化により、多くの企業が従来の営業スタイルを見直し始めています。顧客との物理的な接触機会を最小限に抑えた営業活動が求められているからです。そのような時代の営業活動に役立つツールを解説します。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年7月25日(木)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

DX・業務効率化関連

郵便料金の値上げに備える!】効果的な経理業務のデジタル化とは

配信期間

2024年6月27日(木)~2024年9月10日(火)

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント