人気会計士が語る、小さな会社の経営“これだけ”(第31回)いかにして経営理念を浸透させるか

資金・経費

2021.05.07

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 顧問先2200社を抱える会計事務所を率いる公認会計士、古田土満氏が語る小さな企業の経営のコツ。前回まで、社長の重要な仕事について、数回にわたり解説してきました。今回からは経営理念について説明します。いくら経営者が立派な理念を持っていても、それが社員に行きわたっていなければ会社としては意味がありません。どうすれば社員に経営理念を浸透させることができるのでしょうか。

 私が知る限り、自分の会社の社員に経営理念が浸透されていると思っている経営者の方は、ほとんどいません。「理念経営」といわれるように、経営理念が大事なことは多くの経営者が理解し、勉強もしていますが、社内には浸透していません。

 では、経営理念を浸透させるためには、独自のよい経営理念を作ることが大事なのでしょうか。私はそう思いません。京セラの「全従業員の物心両面の幸福を追求して……」、あるいは伊那食品工業の「社員の幸せを通して社会に貢献する」のような、手本となる会社の素晴らしい経営理念をまねして作ればよいと思っています。

社員は経営理念を理解はするが、なかなか行動には移せない

 ポイントは、「社員のことが一番大事だ」と、最初に書くということです。2番目に、自社の商品・技術・サービスで社会貢献をするということを書けばよいわけです。社長は2番目に書く言葉を見つけるために、経営理念を勉強すればいいのです。

 次に、社内で勉強会をして経営理念を理解させれば浸透するかというと、私は浸透しないと思っています。社員はすぐに理解はしますが、なかなか行動できないからです。勉強会はやらないよりはやったほうがましですが、効果はそれほどありません。しかし実際には、ほとんどの会社が経営理念を作ることと、その勉強しかしていないので、経営理念が浸透しないのです。

 行動できないのは、体に染み付いていないからです。すなわち、社員がしつけられていないからです。私は経営理念を浸透させる1つの方法として、環境整備を実践しています。頭で理解するのではなく、体で覚えさせるのです。

 環境整備の基本は、「形」から入って「心」に至る、「形」ができるようになれば、あとは自然と「心」がついてくる。具体的には、整理、整頓、清掃、清潔、躾の5Sと、挨拶、礼儀、規律などです。まず形をつくり、徹底的にトレーニング(訓練)することにより、形がそろうようになり、心もそろうようになってきます。

 特に掃除によって物を磨くことにより、心も磨かれるようになります。よい社風にするためには、掃除をすることです。物をピカピカにし、心もピカピカにすることによって会社の文化となります。よい社風になり、働く環境がよくなれば、自然と心がついてきて、結果として経営理念が浸透していきます。

行動に落とし込んで訓練して、習慣にする…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=古田土 満

法政大学を卒業後、公認会計士試験に合格。監査法人にて会計監査を経験して、1983年に古田土公認会計士・税理士事務所を設立。財務分析、市場分析、資金繰りに至るまで、徹底した分析ツールによって企業の体質改善を実現。中小企業経営者の信頼を得る。

「資金・経費」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人気会計士が語る、小さな会社の経営“これだけ”

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。