中小企業のトレンド(第13回)ここまで来た! 中堅・中小企業の健康経営

時事潮流 ヘルスケア

2016.07.29

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 中堅・中小企業でも、積極的に社員の健康維持・増進に取り組む会社が出てきた。社員の健康が、サービスや技術力の向上、安全確保などに不可欠と考えてのことだ。先行する企業の経営者に取材し、健康経営の「戦略と戦術」をまとめた。

 岩手県と青森県でホームセンターなどを経営する菅文(岩手県二戸市)は、今年3月、日本政策投資銀行の「DBJ健康経営格付」を取得し、有利な条件で融資を受けた。この格付けは、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業に付与され、評価結果に応じて融資条件が優遇される。75件の融資実績のうち、非上場企業は30社ほどしかない。

 同社は、従業員数300人弱。2014、15年度はパートを含め、全員が定期健康診断を受診した。さらに健診で精密検査が必要とされた従業員のうち、8割以上が受診している(14年度のデータ、治療中の従業員を除く)

 高い受診率の背景にあるのは、徹底した受診勧奨と情報提供だ。経営サポート部が要精密検査者を把握してその上司にメールで報告、受診を勧めてもらい結果を報告させる。加えて、同部が該当者に個別に電話して受診したかどうかを確認。一方で受診の便宜を図るため、「血圧が高ければ循環器科へ」「胸部エックス線の異常は呼吸器科」など、検査項目に応じた診療科を紹介する。

時系列で健康状態を把握…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「時事潮流」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

中小企業のトレンド

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。