オンライン会議お悩み相談室(第4回)手元にZoomミーティングの録画データを残したい

働き方改革 遠隔会議

2021.04.28

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

■お悩み
Zoomミーティングの記録を録画で残したいのですが、ホストによっては録画してくれなかったり、録画データを共有してくれなかったりします。自分で録画しようとしても、できないようです。手元に録画データを残すにはどうしたらいいでしょう。(静岡県 Y.Aさん)

 

■お答え
ホストにレコーディングを許可してもらえば自分でも録画が可能に

 Zoomミーティング中に「レコーディング」というボタンを押してみたけど、「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」というツレない表示が出てくる経験をした人も少なくないでしょう。ミーティングを主催するホストにとっては録画の必要性を感じない会議であっても、自分としては会議中に指示された内容を確認するために、記録がほしいといった場合もあります。では、「レコーディングの許可をリクエスト」は、どのようにしたらいいのでしょうか。

▲「レコーディング」のボタンと、それを押したときの「ミーティングのホストにレコーディングの許可をリクエストしてください」という素っ気ない表示

 

 残念ながらホスト以外の参加者は録画ができません。簡単なのは、ホストに録画を依頼して、そのデータを後で送ってもらう、クラウドに保存したならURLを教えてもらうなどでしょう。でも、録画してもらったうえ、データの転送までお願いするのは気が引ける場合もあります。そんなときは、勇気を出して「自分に録画できる権限を与えてください」とお願いしてみましょう。

 ホストを引き受けている人も、会議の主催はできるようになったけど、Zoomの細かい操作には慣れていないかもしれません。そんな場合は、会議が始まる少し前に、次のようにお願いしてみましょう。

 まず、マウスを動かすと表示される下部のメニューから、「参加者」をクリックしてもらいます。すると、右側に参加者一覧が表示されます。ホストには参加者の1人である「私」の名前の上にマウスを動かしてもらいましょう。そこに表示された「詳細」ボタンをクリックしてもらうと、ホスト側は詳細の設定メニューが開きます。ホスト以外の参加者は、同じ操作をしても「名前の変更」ぐらいしか表示されませんが、ホストにはいろいろな権限が与えられているため、メニューも豊富です。

 次に、「ローカルファイルの記録を許可」をクリックしてもらいます。お願いするのはこれだけです。会議前、30秒もあれば設定を変更できます。

▲ホスト側が「参加者」をクリック、レコーディングする参加者名にマウスオーバーし、「詳細」をクリック。開いたメニューから「ローカルファイルの記録を許可」をクリック

 

 ここまでをホストに操作してもらえば、自分の画面の「レコーディング」ボタンが有効になっているはずです。記録を許可されたと通知するダイアログボックスがポップアップしたのを確認し、「レコーディング」をクリックすれば、レコーディングが始まります。録画データは、Windows 10のデフォルトの設定では「ドキュメント」の「Zoom」フォルダーに記録されます。これで、会議後に「録画データを送ってください」とお願いせずに、自分の環境に録画データを保存できました。

▲レコーディングを開始。「レコーディングしています」という表示とともに、一時停止や停止のボタンも現れる。Windows 10のデフォルトの設定では、データは「ドキュメント」の「Zoom」フォルダーに格納

 

参加者の音声を個別に録音できる…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

あわせて読みたい記事

「働き方改革」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。