オンライン会議お悩み相談室(第12回)Google Meetって?Zoomなどとはどう違う?

働き方改革 遠隔会議

2021.12.23

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

■お悩み
オンライン会議もだいぶ慣れてきて、Zoomでの参加はスムーズにできるようになりました。ところが、最近になって新しい取引先から「Google Meet」でオンライン会議をしたいという話がありました。これはどんなもので、何ができるのか。会議に参加する前の準備などについても教えてください(東京都 A.Tさん)

 

■お答え
Webブラウザーだけで会議が可能、Zoomなどと同様に使える基本機能

 オンライン会議もかなり定着してきて、どう使うと有効か、という活用の仕方も分かってきました。しかし、オンライン会議のツールは企業や人によってさまざまで、なかなか1つには定まらないようです。Zoomがオンライン会議の代名詞のようになっていますが、Microsoft TeamsやシスコシステムズのWebexも多く使われています。こうしたオンライン会議ツールの中の1つが、GoogleのGoogle Meetです。以前は「ハングアウト」という名称で提供していたツールが、現在のGoogle Meetに変わりました。

 Google Meetの最大の特徴は、パソコンからの利用ならばアプリをインストールせずとも、Webブラウザーだけですべての機能を利用できることでしょう。ZoomなどでもWebブラウザーから利用することはできますが、数多くの機能のすべては利用できません。きちんと使うには専用アプリをインストールすることが前提で、あくまでもWebブラウザーからは「緊急避難的に」参加することもできる、という印象です。それに対して、Google Meetはパソコン向けにはアプリを提供しておらず、Webブラウザーですべての機能を利用できます。オンライン会議を依頼する際に、「相手にアプリをインストールしてもらう」というハードルがなく、誰が相手でもすぐに使えることは大きなメリットです。

▲メールなどでの招待URLをクリックするだけで、Webブラウザーから簡単に参加できる

 Google Meetはパソコンだけでなく、スマートフォンからも利用できます。ただし、この場合は専用アプリをインストールして利用することになります。Androidスマートフォンならば「Google Playストア」、iPhoneならば「App Store」から、google meetなどのキーワードで探して、インストールしてください。

▲スマートフォンから利用する場合は、事前にアプリストアから専用アプリをインストール

 会議の開催も簡単です。GoogleのGmailをWebブラウザーで使っているならば、画面の左側に「Meet」の項目があり、「会議を新規作成」「会議に参加」といったメニューが表示されています。自分が会議を立ち上げるならば、「会議を新規作成」をクリックして、出来上がった会議のURLを相手に送れば準備は完了。すぐに会議を始められます。

 注意するポイントとしては、無料のGoogleアカウントで利用している場合、ホストとして主催した会議は60分までの時間制限があることです。これ以上所要時間がかかる場合は、Googleのビジネスツールスイートである「Google Workspace」(旧G Suite)の有料サービスの利用が必要です。これは主催者側(ホスト)の場合の話。会議に参加するだけならば、Webブラウザーさえあれば時間制限も関係ありませんし、Googleアカウントすらなくても参加可能です。

慣れ親しんだオンライン会議の機能も充実…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

「働き方改革」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。