オンライン会議お悩み相談室(第2回)Teamsのチャットが途中で送信されてしまう!

働き方改革 遠隔会議

2021.02.26

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

■お悩み
Teamsを会社で利用しています。便利に使っているのですが、パソコンではチャット中に改行しようとEnterキーを押すと、書いている途中でも送信されてしまいます。いくつものメッセージを続けて送ることになり、格好悪いです。途中で送信されるのを防ぐ方法はありますか?(東京都K.Sさん)

 

■お答え
パソコンからのチャットは、「Shift+Enter」で改行しよう

 Microsoft Teams(以下、Teams)はリアルタイムで行うビデオ会議や音声会議も便利ですが、日常の業務では「チーム」に向けたチャットや、個人間のチャットの便利さも実感できるツールでしょう。特にTeamsならではのチームは、部署やプロジェクト単位のコミュニケーションを活発にするだけでなく、連絡事項の共有や、社内サークル活動などの情報交換の場として利用する企業も少なくありません。チャットをうまく使いこなすのは、Teams活用の第一歩とも言えるのです。

 オンラインチャットは、打ち込んだ文字がすぐに相手に伝わる仕組みになっています。そのため、パソコンでのTeamsのチャットも、文字を入力して「Enter」キーを押せばそこで送信されるのです。短文のやり取りを繰り返すなら使い勝手は良いでしょう。しかし、相談者さんのお悩みも分かります。チャット中に「改行」をしようと思ってEnterキーを押してしまうと、時既に遅し。書いている途中でメッセージが、それこそ微妙な途切れ具合で送られてしまうのです。次のメッセージに続きを書けば問題はないのですが、どうにも格好悪いわけです。

▲入力の途中で「Enter」を押すと(上)、そこでメッセージが送られてしまう(中)。慌てて続きを入力しても別のメッセージ枠になってしまう(下)

 

 そんな相談者さんには、魔法を1つお教えしましょう。それが「Shift+Enter」です。Teamsのチャット中、Shiftキーを押しながらEnterキーを押すと、あら不思議、チャットのメッセージが送信されずに改行できたではありませんか。Shift+Enterを繰り返して使えば、長いメッセージも読みやすく改行を入れて送信できます。送信するときはEnter、改行したいときはShift+Enterと、指に覚え込ませてしまえば、格好良くメッセージが送信できるようになるのです。

▲「Shift」を押しながら「Enter」キーを押すと、メッセージを途中で送信せずに改行できる

 

魔法はこれだけではない…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

あわせて読みたい記事

「働き方改革」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。