オンライン会議お悩み相談室(第3回)Teamsでメッセージを送っても気付いてもらえない

働き方改革 遠隔会議

2021.03.29

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

■お悩み
在宅勤務がメインになり、Teamsがコミュニケーションの中心です。だいぶ慣れてきたのですが、「相手がメッセージになかなか気付いてくれない」ときがあります。わざわざ電話をするほどではなくても、反応がほしい場合がありますよね。相手にうまく気付いてもらう方法はありますか?(滋賀県S.Oさん)

 

■お答え
「重要」「緊急」「メンション」、ひと手間かけて存在をアピール

 オンライン会議サービスの中でも、Microsoft Teams(以下、Teams)は個人間のチャットやチームのグループチャットを活用すれば、利便性がより高くなるツールです。改まった会議の場だけでなく、日々の業務で仲間と簡単に文字のコミュニケーションができて意思疎通がスムーズになります。特に、在宅勤務のように物理的に離れた場所にいる仲間と共同作業をするときは、チャットで会話ができると心強いものです。

 しかし、相談者さんのお悩みのように、チャットで送ったメッセージを「見てくれない」「気付いてくれない」という場面も少なくないでしょう。本当に他の業務や打ち合わせで見ていないのは仕方ないとしても、丸1日気付いてくれないと困ってしまうこともあります。何とかして気付いてほしいですよね。

 Teamsには、そうしたヤキモキさんに向けて、メッセージに気付いてもらいやすくするための機能が用意されています。まず個人チャットで使える「重要」と「緊急」の2つの機能の使い方から見ていきましょう。

 チャットのメッセージ入力欄の下には、いくつかのアイコンが並んでいます。この中から「!」のアイコンを選んでクリックしてみましょう。すると、メッセージ送信の優先度を指定するウインドウが開きます。通常のメッセージは「標準」ですが、「重要」と「緊急」を選択できます。

▲個人チャットの入力画面で「!」を選ぶと優先度のメニューが表示される。ここでは「重要」を選びメッセージを入力、送信

 

 「重要」を選ぶと、相手には「!」のアイコンと、冒頭に「重要」と赤い文字で書かれたメッセージが届きます。パソコンの場合は、ポップアップで重要なメッセージが届いたと知らせてくれますから、気付いてもらえる可能性が高くなります。

▲メッセージを受信する側には、「重要!」の文字と「!」マークでお知らせ。これはスマホの受信画面

 

 「緊急」は、画面上の説明に「受信者は2分間隔で20分間通知を受けます」とあるように、繰り返し通知が届きます。メッセージそのものも赤いベルのアイコンと「緊急!」の文字で目立ちます。パソコンやスマホから離れていたらどうにもなりませんが、見落としというレベルなら、これまでより防ぐことができるでしょう。

▲スマホから優先度を指定するときは、入力欄左の「+」を選び「優先度」をタップ。今回は「緊急」を選んでみた

 

▲パソコンで「緊急」のメッセージを受信。ポップアップで緊急メッセージの到着を知らせるほか、メッセージにも「緊急!」とベルのマークが付いてアピール

 

グループチャットでは「メンション」を活用…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=岩元 直久

あわせて読みたい記事

「働き方改革」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。