目的別ショートカットまとめ(第26回)【Word編】今日の日付や現在時刻をショートカットキーで素早く入力

パソコン スキルアップ

公開日:2023.07.20

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 この連載では、仕事で使える便利なショートカットキーを紹介していく。今回はWordで、今日の日付や現在時刻を、数字を打たずに入力する方法を紹介しよう。

ショートカットキーで日付を入力する

 Excelでは、「Ctrl」+「;」で日付が入力できたのを覚えているだろうか。Wordでもショートカットキーで日付を入力できる。

日付を入力したい行にカーソルを置き、「Alt」+「Shift」+「D」を押すと今日の日付が入力される

 

 「D」は日付(Date)の「D」と覚えればよい。

 入力するときは「Alt」キーを親指で、「Shift」キーを小指で押し、「D」キーを人さし指で押す。この手の形を覚えておくと、キーアサイン(キーに対する機能の割り当て)も覚えやすい。なおここでは、段落をあらかじめ「右寄せ」に、また見やすいよう、文字サイズを20ポイントにしている。

 Excelでは「Ctrl」+「;」で入力した日付は、次にファイルを開いても入力したままの日付で固定されていた。一方でWordの場合、ファイルを開くたびに日付も更新される仕組みだ。Excelで「TODAY関数」を使って日付を表示しているのと似ている。

 ショートカットキーで入力した日付は「フィールド」と呼ばれる機能が使われている。上記でも説明したとおりExcelの関数に似ていて、自動的に最適な表示にしてくれる。差し込み印刷などで利用することを想像すれば分かりやすいだろう。

入力した日付を固定する

 とはいえ、議事録や請求書などに日付を記載する場合は、開くたびに更新されると逆に不便である。そんなときは日付を固定しよう。

日付の文字列を選択した状態で「Ctrl」+「Shift」+「F9」を押す

 

 こうすることで、次回開いても入力したままの日付で固定される。「フィールド」を解除して、通常の文字列に変換するショートカットキーだ。

時刻もショートカットキーで入力できる…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

【T】

あわせて読みたい記事

  • 目的別ショートカットまとめ(第3回)

    【Excel編】日付や時刻を素早く入力する

    パソコン スキルアップ

    2021.08.19

  • 時短エクセル(第28回)

    こだわりたい「日付の形式」カスタマイズ

    パソコン スキルアップ

    2020.04.06

  • IT時事ネタキーワード「これが気になる!」(第121回)

    Microsoft、Excelなどに対話AI搭載を発表。話題の対話型AIとは

    IT・テクノロジー 時事潮流

    2023.04.26

「パソコン」人気記事ランキング

連載バックナンバー

目的別ショートカットまとめ

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説