目的別ショートカットまとめ(第29回)【Word編】改ページや段落区切りをショートカットキーで効率的に実行する

パソコン スキルアップ

公開日:2023.10.16

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 この連載では、仕事で使える便利なショートカットキーを紹介していく。今回は、Wordの改ページや段落区切りなど「Enter」キーを使うショートカットキーを紹介する。これらは、リボンのメニューとしても用意されているが、ショートカットキーを使う方が圧倒的に速い。ぜひ覚えて慣れて、日常的にサクサク使えるようにしよう。

改ページをショートカットキーで

 単に改行するには「Enter」キーを押すが、改ページ(ページを改め、新しいページから文章を始める)は、「Enter」キーだけではできない。メニューからたどろうとすると、「挿入」タブの「ページ」グループから「ページ区切り」を選択する必要があるため、ショートカットキーを使うのが手っ取り早い。

メニューから改ページを実行するには「挿入」タブの「ページ」グループから「ページ区切り」とたどる必要があり、手間がかかる

 

改ページしたい位置にカーソルを置き、「Ctrl」+「Enter」キーを押すと瞬時に改ページできる

 

 改ページは、区切りのいいところでページを新しくしたいときに利用する。例えば以下のような場合だ。

上図のようなレイアウトの場合、2つ目の見出しの行頭にカーソルを置き、「Ctrl」+「Enter」キーを押すと、見出し・本文・画像が2ページ目に収まった(中図)。さらに3つ目の見出しが最下行に来ているため、ここでも改ページすると見出しごとにページが区切られてきれいに仕上がった(下図)

 

改ページ記号が表示されない場合は

 改ページの記号は表示/非表示を切り替えることができる。「改ページ操作をしたのに改ページ記号が表示されない!」という場合、次の作業を試してみてほしい。

改ページ記号が表示されない場合は、「ホーム」タブの「段落」グループの「編集記号の表示/非表示」ボタンを押す

 

 編集記号の表示をオンにすると、改ページ記号に加えて全角スペースは「□」、半角スペースは「・」で表示されるようになる。

段組みと段区切りで文章を読みやすくできる…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

【T】

あわせて読みたい記事

  • 時短エクセル(第1回)

    大きな表はショートカットキーを駆使して時短

    パソコン スキルアップ

    2018.01.09

  • 読書でビジネス力をアップする(第18回)

    仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているか

    ビジネス本

    2016.10.06

「パソコン」人気記事ランキング

連載バックナンバー

目的別ショートカットまとめ

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説