目的別ショートカットまとめ(第8回)【Word編】文字配置をショートカットで操る

パソコン スキルアップ

2022.01.20

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 この連載では、仕事で使える便利なショートカットキーを紹介していく。今回は、Wordの文字配置に使えるショートカットキーを紹介しよう。

一番よく使う中央揃え(センタリング)は小指と中指で

 Wordでよく使う文字配置といえば「中央揃え(センタリング)」ではないだろうか。タイトルなどをセンタリングすることはとても多いはずだ。

 センタリングしたい行を指定して「中央揃え」のアイコンを押す、という操作が一般的だろう。この場合、マウスを都度アイコンまで移動させなければならない。それならば、マウスで指定した後ショートカットキーを使えば、マウスを移動させる必要がなく効率的だ。

文字列を選択し、[Ctrl]+[E]キーを押すと中央揃えになる

 

 [Ctrl]キーを左手の小指で、[E]キーを左手の中指で押せるので、片手だけで完結できる。「右手(マウス)で文字列を指定し、左手(キー)でセンタリングを設定」の流れ作業でできるので、指定箇所が数カ所あっても次々と設定していける。

「左揃え」は左手だけでは無理だが使用頻度は低い

 基本的にタイトルなど1行に収まる文字列を入力した時点では、左揃えになっている。そのため、左揃えを使うシチュエーションは、一旦中央揃えや右揃えをした文字列を再び左揃えに戻す場合だろう。中央揃えや右揃えをした後、すぐに戻したい場合は[Ctrl]+[Z](実行した操作を取り消して直前の状態に戻す)のショートカットを使えばよい。

文字列を選択し、[Ctrl]+[L]キーを押すと左揃えになる

 

「右揃え」は片手でOK…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=内藤 由美

大手ソフト会社で14年勤務。その後、IT関連のライター・編集者として活動。ソフトウエアの解説本、パソコンやスマートフォンの活用記事などを執筆、編集している。

あわせて読みたい記事

  • 時短エクセル(第1回)

    大きな表はショートカットキーを駆使して時短

    パソコン スキルアップ

    2018.01.09

  • 読書でビジネス力をアップする(第18回)

    仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているか

    ビジネス本

    2016.10.06

「パソコン」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。