ビジネスに生かす中国古典の言葉(第16回)SMAP解散、意志を合わせ続けることの難しさ

歴史・名言

2016.09.02

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 8月14日、国民的アイドルグループのSMAPが2016年12月31日をもって解散することが発表されました。ニュースはテレビやラジオ、インターネットなどで即座に伝えられ、日本のみならず世界中に衝撃が走りました。

 1988年に誕生したSMAPは、歌手としてのグループ活動のほか、メンバーそれぞれがバラエティー番組やドラマなどで活躍し、アイドルという枠を超えた国民的存在となっていました。今年1月に解散、独立騒動があり、メンバーそろっての謝罪も行われましたが、結局、それぞれの道を歩むという決断に至ったようです。

 芸能界に限らず、グループやペアが解散・解消するというのはよくある話です。それが新たな飛躍につながることも珍しくありません。ビジネスの世界でも、企業が成長する中で、創業メンバーがいつしか退社していき、設立当初とは経営陣がまったく変わっているというケースがあります。

 人の考え方はさまざまです。当初は同じ志を抱いていても、時間がたてば変わることもあります。これは今も昔も変わりません。中国古典でも、意志統一の難しさは指摘されています。例えば、中国戦国時代の法家である韓非が残した『韓非子』にはこんなエピソードが描かれています。

夫婦ですら目標が異なることもある…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「歴史・名言」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。