トップインタビュー(第22回)商品力の源泉は社員と顧客

経営全般

2017.01.11

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

ヨックモックホールディングス社長 藤縄武士 氏

 贈答品など向けに国内で圧倒的な知名度を誇る洋菓子「ヨックモック」。2015年11月、23年ぶりに創業家出身者がトップに就いた。ロングセラー商品を生み出すことができる秘訣を新社長に聞いた。
(聞き手は、日経トップリーダー前編集長 伊藤暢人)

──激戦である百貨店の食品売り場で、確固たる地位をなぜ築けたのですか。

藤縄:現在の「ヨックモック」は、生地を葉巻状にした焼き菓子「シガール」を1969年に三越本店(東京・日本橋)で販売したのが始まりです。創業者で祖父の則一がフランスの焼き菓子「ラング・ド・シャ」をヒントに開発しました。

 他にないお菓子だったので、発売当初は店の外まで行列ができたと聞いています。それから50年近くたち、ヨックモックは2016年2月現在、全国の百貨店を中心に257店(海外66店を含む)まで拡大しました。とりわけシガールは、年間生産本数が2015年度に1億1000万本を超えました。

 商品力が強いのは、社員の努力のおかげです。工場や販売など各部門で、ものすごく誇りを持って働いてくれています。

 シガールの場合、発売以来、原料の配合比は変えていません。厳格な湿度・温度管理の中で原料を混ぜる、焼くといった工程を進める。そのこだわりが受け継がれて、定番商品を生み出しています。

 店頭の販売員も頑張っています。一生懸命お客様に声を掛けるだけでなく、ニーズをくみ取って、売り方の提案までしてくれます。実際、「クリスマスなどのイベントの際、若い人が楽しめるようにシガールを包むフィルムにサンタクロースなどのイラストを施したらどうか」との意見が出ました。実行してみると、人気が出たのです。

──仕事に誇りを持つ社員がなぜ育ったのでしょうか。…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

藤縄 武士(ふじなわ・たけし)

1971年東京都生まれ。94年に玉川大学文学部卒業後、専門商社勤務を経て、2005年3月ヨックモック入社。08年10月取締役(管理本部副本部長)、09年10月、持ち株会社のヨックモックホールディングス常務、11年10月同社専務などを歴任。15年11月、ヨックモックホールディングス、事業会社ヨックモックそれぞれの社長に就任した。創業者の則一氏の孫、利康会長の長男。2015年9月期の売上高はグループ全体で201億円。

「経営全般」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

トップインタビュー

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。