Biz Clip調査レポート(第10回)複合機利用実態調査2018

ビジネス機器

2018.03.14

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 企業の複合機の導入実態および機能への満足度などはどうなっているか。その実態について、日経BPコンサルティングのアンケートシステムAIDAにて、同社保有の調査モニター2859人を対象に調査を実施した。

8割の企業が複合機を導入済み

 複合機の導入率は83.7%と高い結果となった。業種別で見ると、多くの業種が8割を超える導入率となっているものの、「医療機関・介護施設」と「自営業」は7割を切った(図1-1)。従業員規模別で見ると1万人以上の企業の導入率が最も高く、94.8%の企業が導入している。一方、99人以下の企業の導入率が71.6%と、他の従業員規模に比べて低い(図1-2)。従業員規模が大きくなく、また「医療機関・介護施設」と「自営業」は、複合機が持つほどの機能を必要としておらず、低価格のプリンター、ファクスで済んでいると想定される。

【図1-1 複合機の導入状況(業種別)】

 

【図1-2 複合機の導入状況(従業員数別)】

 

利用している複合機に9割が満足

 満足度については、複合機を導入している企業の87.7%が、利用している複合機に対して満足傾向(非常に満足~どちらかというと満足)の回答をした(図2)。「非常に満足」と回答している企業は8.6%と約1割で、「満足している」と合わせると過半数を占める。「非常に不満である」と回答している企業は0.6%と1%にも満たなく、導入している複合機に対する企業の満足度は高いといえる。

【図2 利用している複合機の満足度】

満足度の高い機能は「速度効率」…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

調査・執筆 = 日経BPコンサルティング

あわせて読みたい記事

「ビジネス機器」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

Biz Clip調査レポート

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。