Biz Clip調査レポート(第10回)複合機利用実態調査2018

ビジネス機器

公開日:2018.03.14

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 企業の複合機の導入実態および機能への満足度などはどうなっているか。その実態について、日経BPコンサルティングのアンケートシステムAIDAにて、同社保有の調査モニター2859人を対象に調査を実施した。

8割の企業が複合機を導入済み

 複合機の導入率は83.7%と高い結果となった。業種別で見ると、多くの業種が8割を超える導入率となっているものの、「医療機関・介護施設」と「自営業」は7割を切った(図1-1)。従業員規模別で見ると1万人以上の企業の導入率が最も高く、94.8%の企業が導入している。一方、99人以下の企業の導入率が71.6%と、他の従業員規模に比べて低い(図1-2)。従業員規模が大きくなく、また「医療機関・介護施設」と「自営業」は、複合機が持つほどの機能を必要としておらず、低価格のプリンター、ファクスで済んでいると想定される。

【図1-1 複合機の導入状況(業種別)】

 

【図1-2 複合機の導入状況(従業員数別)】

 

利用している複合機に9割が満足

 満足度については、複合機を導入している企業の87.7%が、利用している複合機に対して満足傾向(非常に満足~どちらかというと満足)の回答をした(図2)。「非常に満足」と回答している企業は8.6%と約1割で、「満足している」と合わせると過半数を占める。「非常に不満である」と回答している企業は0.6%と1%にも満たなく、導入している複合機に対する企業の満足度は高いといえる。

【図2 利用している複合機の満足度】

満足度の高い機能は「速度効率」…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

調査・執筆 = 日経BPコンサルティング

【M】

あわせて読みたい記事

「ビジネス機器」人気記事ランキング

連載バックナンバー

Biz Clip調査レポート

無料!おすすめのダウンロード資料

  • インボイス対応状況調査2022

    インボイス対応状況調査2022

    2023年10月1日に開始予定の「インボイス制度」。同制度は、課税仕入れ等に係る消費税額を控除する仕入税額控除のための新たな仕組みだが、企業においてはこれらに伴う社内システムの見直しなどが必要となります。本制度への対応状況について、企業はどのように準備をしているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 電子帳簿保存法対応調査2023

    電子帳簿保存法対応調査2023

    2022年に施行された改正電子帳簿保存法。その猶予期間が、2023年12月31日で終了となります。多くの企業にとって、インボイス制度(同年10月スタート予定)も鑑みつつ、本制度が定める電子取引データの電子保存などに対応するための準備が喫緊の課題となります。では、企業はどのように準備を進めているのだろうか。その最新動向について調査しました。

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信日時

2024年7月25日(木)①14時00分〜15時00分 ②18時00分~19時00分

DX・業務効率化関連

郵便料金の値上げに備える!】効果的な経理業務のデジタル化とは

配信期間

2024年6月27日(木)~2024年9月10日(火)

法改正関連

まだ間に合う!2024年問題の対策のポイント