ココロ踊る!山麓生活のススメ(第15回)希望のリンゴの木

スポーツ

2022.06.17

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 昨年の3月にわが家の土地を入手した直後、一番始めに植えたのはリンゴの木。リンゴは八ヶ岳山麓の冷涼な気候にも合うし、花がきれいで、実のなる姿もかわいらしい。そのうえに、おいしいリンゴが収穫できたら言うことなし。栽培2年目、思うようにはいかないけれど、それがかえっていとおしさを生むのかも。

秋、立派な実をならせるリンゴ(写真はこうなったらいいなというイメージです)

 

植木店の「ふじ」と「つがる」

 私の街のホームセンターでは、3月になるとリンゴなど果樹の苗木が並ぶ。昨年の春は、ホームセンターの近くを通るたびにどの店の苗がよさそうか、チェックをしていた。でも、どれも一本棒でひょろりとした、1mぐらいの木で(1年生苗というらしい)、なんだかピンとこない。

 ある日、急に思い立って、夫と一緒に植木の専門店を訪ねることにした。すると、近所のホームセンターでは売っていない、太くて立派な苗木が売られていた。品種は「ふじ」と「つがる」。4~5年生だろうか、枝ぶりも立派だ。私は一目ぼれに近い直感で「これだ!」と思った。

 リンゴは自家受粉しないので、実をならせるには2品種を近くに植える必要がある。そして花が咲いたら、お互いの花粉をハケなどで花に付けるといいらしい。栽培の手引きによると、「ふじ」と「つがる」ならば相性もいいし、シャキッとした甘い実がなるとあるから申し分ない(もちろん成功すればだけれど)。でも、夫は値段を見て「両方とも買うの?」と少しためらう。1本3500円。締めて7000円。初心者が手を出すには高過ぎないか、と言うのだ。

1本で35個採れれば

 ホームセンターで見た1年生苗はひょろひょろだけれど1000円以下、それに比べれば高い。でも、この太さの木はなかなか入手できないし、1年生苗よりもずっと早く実がなるだろう。どうしてもその木が欲しかった私が、夫の説得に使ったのは主婦のソロバン。

 「スーパーの特売でリンゴ1個100円だとして、1本の木から35個収穫できれば元が取れちゃうよ」と言ってみた。1年で3、4個ずつでも実れば10年で35個。計算しているうちにそのくらいは絶対に収穫できる、と根拠のない自信が湧いてきた。夫は「そんなに立派に育てられるのかなあ」と疑心暗鬼ながらも許可してくれたので、早速お店のおじさんを呼んで「ふじとつがるをください」と言った。

 「お、リンゴだね。甲府市内?」と聞かれた。北杜市ですと伝えると「いや〜、北杜だとまだ寒くて、今植えてもきっと失敗するから、あと3週間ぐらい待てない?」と、思ってもみなかったことを言われた。寒いときに植え付けをすると根が凍って枯れたり、弱ったりするらしい。「3週間もですか……」。私は今すぐ買って、植え付けをしたかった。でもプロの言うことは絶対に聞いた方がいい、と今度は夫に説得されて、渋々その日は手ぶらで帰ることに。

 そして、4月。ぴったり3週間後にまた店を訪ねた。おじさんは「ああ、この前の」と私のことを覚えてくれていて、「まだちょっと早い気もするけれど、植えてみる?」と言いながら、仮植えされていた苗を掘り起こす。「リンゴは果樹の中でも難しいから、頑張れよ。いい実がなったら売りに来てくれ」と冗談を言いつつ、苗を車に積んでくれた。

受難の木…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。