Biz Clip調査レポート(第17回)社員のPC、Windows10アップデート状況

運用管理・監視 パソコン

2019.07.17

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 企業における使用パソコンのOS更改状況、また日々のパソコン利用やOSアップデートに対し、どんな意識を持っているか。その実態について調査を行った。調査は、日経BPコンサルティングのアンケートシステムAIDAにて、同社保有の調査モニター3754人を対象に実施した。

7割がWindows10。Windows7使用も4割

 勤務先で使用するパソコンのOSを聞いたところ、「Windows10」と回答したのは70.1%だった。まだ「Windows7」を使用しているのは40.9%。「Windows 8/8.1」使用も11.8%存在した(図1)。

【図1 会社で使用するパソコンのOSのバージョン(MA)】

 WindowsユーザーにWindows10への移行に関し聞いたところ、Windows10ユーザーは、「必要だと思い、PCごと更改」が46.2%と最も多く、「必要だと思い、OSのみを更改」(20.4%)の倍以上のポイントとなった(図2-1)。また、Windows10にまだ移行していないWindowsユーザーは、「必要だと思い、PCを更改する予定」が27.1%で、「必要だと思い、OSのみを更改予定」より20ポイント以上高い結果となった(図2-2)。Windows10への移行はパソコンごと新しくする傾向が強く、特にこれからWindows10へ移行しようと思っている層は、OSのみの更改を予定する層よりも圧倒的に多いのが分かった。対応予定がない層も、「必要だと思うが予定なし」が7.4%、「必要だと思わず予定もなし」が4.5%と一定数存在した。だがWindows10への移行については91.9%が「必要」と回答した結果から見ると、ほとんどのWindowsユーザーが移行の必要性を感じているといえる(図3)。

【図2-1 使用するパソコン・OSの更改の状況(Windows10ユーザー)】

【図2-2 使用するパソコン・OSの更改の状況(WindowsXP/7/8/8.1ユーザー)】

【図3 Windows10への移行は必要だと思うか】

移行がまだなのは「サポートまで時間があるから」…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

調査・執筆 = 日経BPコンサルティング

あわせて読みたい記事

「運用管理・監視」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

Biz Clip調査レポート

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年5月20日(金)① 14時00分〜15時00分(予定)② 18時00分~19時00分

テレワーク関連

ハイブリッドワークセミナー
これからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方を目指すべきか迷われる企業様も増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。
ぜひこの機会にご参加ください。