偉大な先人に学ぶ日本ビジネス道(第28回)挫折のたびに立ち上がるヤンマー、山岡孫吉の着眼点

雑学

2018.09.20

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 1959~2014年まで55年間にわたってテレビで放送された気象情報番組、「ヤン坊マー坊天気予報」を覚えている方も多いでしょう。「ヤン坊マー坊」は、発動機、農業機械、建設機械、小型船舶の製造・販売を行う総合機械メーカーのヤンマーの販促キャラクターです。そして、ヤンマーを創業したのが山岡孫吉です。

 孫吉は1888年、滋賀県伊香郡に7人兄弟の6番目として生まれました。実家の農作業を手伝いながら成長した孫吉少年は、16歳の時に「1万円の大金をためてみせる」と決意し、大阪に奉公に出ます。

 夢を抱いて大阪に出た孫吉でしたが、どうにも奉公が長続きしません。メリヤス屋、せっけん屋、木綿問屋、写真の台紙屋、鉄工所など職を転々とします。そして2年ほどがたった頃に体調を崩し、大阪にいた長兄・栄太郎の家でしばらく静養することになりました。孫吉、1度目の挫折です。

 しかし、この静養が思わぬ転機になりました。孫吉は気分転換のため、時々堂島川に釣りに出掛けました。川の近くには大阪瓦斯(現・大阪ガス)の作業事務所があり、作業員たちと話を交わすようになります。そこで親しくなった現場監督に雇ってほしいと願い出てみると、受け入れられ、採用が決定しました。当時、大阪ではガスの供給開始が間近に迫っており、それに伴うガス配管工事が盛んに行われていたためです。

 こうして働き始めた大阪瓦斯で、孫吉はガス発動機と出合います。当時、工場では主に蒸気機関を動力として使っていました。そこにガスの供給が始まったため、ガス発動機の導入が始まったのです。ガス発動機は設置するにも蒸気機関のように広いスペースを必要とせず、操作も簡単だったことから、町工場が次々に購入しました。孫吉は、ガス配管工事だけでなく、ガス発動機の設置も行うようになったのです。

 ただ、大阪瓦斯の工賃だけでは目標とする「1万円の貯金」には届きそうにありません。そこで、孫吉は、ガス工事の経験を元に独立を決意しました。ゴム管・ガス器具の販売、ガス発動機の据え付け工事などを請け負う山岡瓦斯商会を1907年に開業したのです。

ガス発動機事業を拡大するも2度目の挫折へ…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

「雑学」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

偉大な先人に学ぶ日本ビジネス道

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。