システム構築のための調整力向上講座(第29回)リーダーに必要なのは「カウンセリングマインド」

コミュニケーション

2018.02.08

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 前回は「心の健康の3つのC」のうち、「Cognition(認知)」について述べました。今回は「Control(コントロール感覚)」「Communications(コミュニケーション)」について解説します。

Control(コントロール感覚)

 Control(コントロール感覚)は、既に述べたように「結果に対して自分が影響できているかどうか」です。

 自分の行動に対する影響が分かれば、仕事の意味を理解できます。しかし、ただ作業するだけで、自分の作業が良かったのかどうか、その作業の成果がどのように利用されるのかを把握できなければ、気力が失われます。これが「燃え尽き症候群」です。

 メンバーがコントロール感覚を持てるようにリーダーができるのは「プロジェクトの全体像を示す」ことです。そもそもプロジェクトが会社全体の戦略の中で、どのような意味を持っているのかをメンバーに説明するリーダーは多くいません。メンバーが自分たちの仕事の意味を理解し、コントロール感覚を持つためには、プロジェクトが持つ意味と、各メンバーがどのような役割を担っているのかを明確に説明しなければなりません。

 また、プロジェクトの意味をリーダー自身がよく理解していない場合は、プロジェクトスポンサー、上級管理職に聞いてみましょう。リーダー自身もコントロール感覚を向上させられるはずです。

Communication(コミュニケーション)

 米国労働安全保健研究所(NIOSH)の職業性ストレスモデル(図1)で分かるように、仕事のストレッサーに触れてから、うつなどの心の健康を損なうまでには、個人要因、仕事以外のストレッサー、緩和するもの、という変数があります。人それぞれに環境が異なるわけです。プロジェクトリーダーは、普段からのコミュニケーションで、各メンバーがどのような環境にあるのかを知っておく必要があります。また、自分の状況や悩みについて話したり、聞いてもらったりするだけでも、気が楽になったり視野が広がったりします。コミュニケーション自体が、緩和するものになるわけです。

 ここでリーダーに必要となるのが「カウンセリングマインド」です。カウンセリングマインドとは、成果の前に、相手に1人の人間として向き合い、人間関係の構築を第一に優先する心がけを意味します。リーダーは責任ある立場ですから、どうしても「成果思考」に陥りがちになります。しかし、プロジェクトが成果を上げるためには、メンバーの1人ひとりの頑張りが必要です。そして、メンバーは1人ひとり、心を持った人間なのです。

「程よいいい加減さ」を持つ…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=芝本 秀徳/プロセスデザインエージェント代表取締役

プロセスコンサルタント、戦略実行ファシリテーター。品質と納期が絶対の世界に身を置き、ソフトウエアベンダーにおいて大手自動車部品メーカー、大手エレクトロニクスメーカーのソフトウエア開発に携わる。現在は「人と組織の実行品質を高める」 ことを主眼に、PMO構築支援、ベンダーマネジメント支援、戦略構築からプロジェクトのモニタリング、実行までを一貫して支援するファシリテーション型コンサルティングを行う。

「コミュニケーション」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

システム構築のための調整力向上講座

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。