困りごと解決ビジネス専科(第31回)Q. 従業員のSNS利用についてどのような対策をすればいいですか?

トラブル対応

2021.08.02

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 アルバイト従業員によるSNSへの不適切な動画投稿が問題になったり、社員が送信したメッセージの内容が流出したりするなど、「ネット炎上」に関するニュースを目にします。経営者として、どのように対策していけばいいでしょうか?

 A.SNSの利用に関するガイドラインを定めましょう

 SNSはリアルタイム性が高く、若者を中心として幅広い年齢層に普及しています。
より身近な感覚での情報の発信・共有・拡散を重視した機能が多いため、多くの企業でもマーケティングなどに活用されています。

■SNS(Social Networking Service)
ソーシャル(社会的な)ネットワーキング(つながり)を提供するサービスネットワークを通じて、社会的なつながりを構築するのを目的としたWebサービスの総称

 その一方で簡単に画像やメッセージを送信できるため、SNSへの情報投稿者や、投稿者が勤務する企業・組織が予期せぬトラブルに巻き込まれ、マスメディアに取り上げられる「ネット炎上」と呼ばれる事例も増加傾向にあります。

【ネット炎上によるリスク】
・企業や組織のブランドイメージの失墜
・顧客からの信頼を失う
・賠償などの経済的損失の発生

 企業・組織がSNSをよりよく活用するには、従業員の日ごろのモラルやマナーの向上をはじめ、SNSの影響力や企業にもたらされるリスクへの理解を深め、炎上やトラブルが起こった場合の対応フローといった社内規約に基づくガイドラインの徹底が必要です。

 仕事でSNSを利用していなくても、プライベートで従業員が利用している場合、ガイドラインを規定することで、SNS利用について規約に違反した従業員への対応要請・損害賠償請求・懲戒処分などを行う労働契約上の根拠となります。

ガイドラインによる抑止…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

あわせて読みたい記事

「トラブル対応」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

困りごと解決ビジネス専科

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。