覚えておきたいクラウド&データのキホン(第1回)クラウドサービスとは何か?どんなメリットがあるのか?

クラウド・共有

2022.03.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 業務で「クラウド」という言葉を聞く機会が増えた人は多いでしょう。しかし、その具体的な内容をしっかりと説明できない人もいるのではないでしょうか。今回は、クラウドの基本的な仕組みや、利用に当たってのメリット・デメリットについて紹介していきます。

そもそもクラウドとは?

 クラウドの正式な名称は、クラウド・コンピューティングです。一般的にはクラウド・コンピューティングを利用したサービスのことを「クラウド」や「クラウドサービス」と呼びます。

 クラウドサービスは、インターネットなどのネットワークを通じてITサービスを提供する仕組みです。利用者はPCやスマートフォンなどインターネットに接続できる端末を用意すれば、いつでも必要な分だけサービスを利用できます。

クラウドサービスの種類

 クラウドサービスの種類は、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)の大きく3つに分けることができます。

SaaS(Software as a Service:サース、サーズ)
「サービスとしてのソフトウエア」で、クラウド上に用意された電子メールやグループウエア、顧客管理、財務会計といったソフトウエアを必要な分だけ利用できる形態です。

PaaS(Platform as a Service:パース)
「サービスとしてのプラットフォーム」で、アプリケーションソフトウエア開発に必要なサーバーやデータベースなどのプラットフォームを提供する形態です。

IaaS(Infrastructure as a Service:アイアース、イアース)
「サービスとしてのインフラストラクチャー」で、クラウド上でネットワークやストレージ、サーバーなどを利用できる形態です。OSやソフトウエアのインストールもできるため、オンプレミスと同等の環境を再現することもできます。

クラウドの例

 クラウドでよく知られているものに、メールサービスがあります。代表的なものには「Gmail」や「Yahoo!メール」などが挙げられます。

 クラウドのメールサービスでは、送受信したメールのデータはスマートフォンやPC内に保管されるわけではなく、クラウドサーバーに保管されます。そのため、ブラウザー上でID・パスワードを入力して自分のアカウントにアクセスすれば、異なるスマートフォンやPCなどの端末からでもメールを確認できます。

 企業向けに提供されているクラウドメールサービスは、自社ドメイン取得やセキュリティ対策、大容量ストレージなどビジネスシーンに必要な機能の充実が図られています。インターネット環境さえあれば、どこからでもメール閲覧や送受信ができるため、リモートワークなどの多様な働き方を実現するツールとして、ビジネスシーンでの活用が広がっています。

クラウドのメリット・デメリット…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

あわせて読みたい記事

  • ビジネスコミュニケーション手法の改善(第8回)

    データ活用の本命、クラウドストレージを手軽に

    クラウド・共有

    2022.03.30

  • セキュリティ対策虎の巻(第7回)

    世代管理のデータバックアップでランサムウエア対策

    運用管理・監視 データ保護・バックアップ

    2017.05.24

  • 小さな会社のトラブル抑止(第2回)

    火災、地震…災害後、すぐに仕事を再開できるか

    災害への備え

    2017.10.24

「クラウド・共有」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

覚えておきたいクラウド&データのキホン

オンラインセミナー動画