覚えておきたいクラウド&データのキホン(第6回)データプラットフォームとは何か?どんなことができるのか?

クラウド・共有

2022.03.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 「データプラットフォーム」という言葉をご存じでしょうか。データプラットフォームとは、企業が所有している顧客情報などのデータを蓄積・分析するための基盤のことです。

 データプラットフォームを活用することで、ビジネスはどう変わるのでしょうか?ここでは、データプラットフォームの仕組みや特徴について紹介します。

データプラットフォームとは何か?

 データプラットフォームとは、企業が所有するデータを蓄積・分析する基盤のことです。近年、スマートフォンの浸透やクラウドの普及、IoTの活用といった影響により、膨大な種類・容量のデータ(ビッグデータ)を取得できるようになりました。データプラットフォームを活用することによって、一般的なデータ管理ツールでは処理しきれないデータを扱いやすくなり、より複雑なデータの蓄積や分析を行えるようになります。

データプラットフォームの活用方法

 ビジネスに資するデータ活用のためには、大きく以下4つの流れでデータを取り扱っていきます。データプラットフォームでは、この4つ流れを一気通貫することができます。

分析に必要なデータを集める
 データ分析を行うためには、対象となるデータを集めることが必要です。しかし、企業が扱う多くのデータは、収集経路や取り扱うツールがさまざまです。そのため、サイトへのアクセス数はアクセス解析ツールからログを取得、購買データは販売管理システムから取得するなど、データ収集を仕組み化する必要があります。

データをためる
 収集したデータは、CSVデータのような規則性をもつデータ(構造化データ)の他にも、規則性をもたないテキストや音声、動画、各種ログなどの形式(非構造化データ)も想定されます。これらを、データフォーマットを変えずに格納できるデータレイク(データ貯蔵庫)にためていきます。

集めたデータを加工する
 データレイクに集めたデータは、ETL(Extract :抽出、Transform:変換・加工、Load :書き出し)処理で構造化データに変換・加工して、データウエアハウス(データ保管庫)に渡します。データウエアハウスに保管されたデータから、分析を行うために抽出されたデータはデータマート(データ市場)と呼ばれます。

データを分析する
 ここまでの準備を経て、データを分析していきます。分析に当たっては、データ単体では分かりづらいため、BIツールなどを用いてグラフやチャート化するなど、誰でも理解できるように表示を組み替えます。

データプラットフォームのメリット…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

あわせて読みたい記事

  • ビジネスコミュニケーション手法の改善(第8回)

    データ活用の本命、クラウドストレージを手軽に

    クラウド・共有

    2022.03.30

  • セキュリティ対策虎の巻(第7回)

    世代管理のデータバックアップでランサムウエア対策

    運用管理・監視 データ保護・バックアップ

    2017.05.24

  • 小さな会社のトラブル抑止(第2回)

    火災、地震…災害後、すぐに仕事を再開できるか

    災害への備え

    2017.10.24

「クラウド・共有」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

覚えておきたいクラウド&データのキホン

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。