覚えておきたいクラウド&データのキホン(第14回)クラウドプロキシとは?メリット・デメリットを比較

クラウド・共有 データ保護・バックアップ

2022.03.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 クラウドサービスの台頭により、企業のIT環境は「所有」から「利用」へと大きく変化しています。

 それによって、社内のネットワークからインターネットに接続するためのプロキシ(プロキシサーバー)も、クラウドサービスとして提供されるようになっています。オンプレミスのプロキシとクラウドプロキシは、何が違うのでしょうか。本記事では、クラウドプロキシの仕組み、機能、メリット・デメリットなどを紹介します。

クラウドプロキシの概要

 プロキシ(Proxy)は「代理」という意味を持つ言葉です。企業の内部ネットワークとインターネットの境界で、Webブラウザーなどの代理としてインターネットに接続するのがプロキシの役割となります。

 一般的にプロキシは、企業で情報セキュリティ対策のために導入されます。プロキシを代理として利用することで、アクセス先のIPアドレスをサイバー攻撃者に追跡されることを防いだり、悪意あるWebサイトへのアクセスを制限したりできます。

 このプロキシをクラウド上に構築したものが「クラウドプロキシ」です。オンプレミス環境に置かれたプロキシ(以下、従来型のプロキシ)とクラウドプロキシの役割は同じで、置かれている場所が異なります。

クラウドプロキシの仕組み

 クラウドプロキシが登場した背景には、SaaS(Software as a Service)の普及が関係しています。テレワークなどで従業員が社外から社内のサーバーにアクセスする機会が増えたことで便利になった半面、機密情報の漏えいリスクなどが生じているためです。

 社内から社外のWebサーバーへアクセスする際は、従来型プロキシを使うことで、ある程度の情報セキュリティが担保できます。一方、テレワークなどで社外からインターネットや社内サーバーにアクセスする際は従来型のプロキシをそのまま使えないため、クラウドプロキシが必要になったというわけです。

 従来型のプロキシを経由して社外から社外のWebサーバーにアクセスすることもできますが、そのためにはVPN(Virtual Private Network)で社内のネットワークに接続しなければなりません。

 対してクラウドプロキシは、クラウド上にあるプロキシサーバーが通信をコントロールします。Webサーバーへアクセスする際、クラウドプロキシを経由すれば、情報セキュリティを担保しながら、直接Webサーバーへアクセスできます。

クラウドプロキシの機能…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

あわせて読みたい記事

「クラウド・共有」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

覚えておきたいクラウド&データのキホン

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。