覚えておきたいクラウド&データのキホン(第27回)法人向けクラウドストレージを選ぶ際のポイントを解説

クラウド・共有

公開日:2022.09.30

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 クラウドストレージとは、クラウドサーバー上にデータを保存することができるサービスのことで、オンラインストレージとも呼ばれます。個人向けと法人向けに多くのクラウドストレージが提供されています。近年は法人向けのクラウドストレージが、BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策や保守管理の負担軽減、テレワークとの親和性など、さまざまなメリットが得られるとして注目を集めるようになりました。そこで本記事では、法人向けのクラウドストレージの特徴や活用メリット、選び方などについて紹介します。

<目次>
・法人向けクラウドストレージと個人向けクラウドストレージの違い
・企業が法人向けクラウドストレージを利用するメリット
・法人向けクラウドストレージの選び方
・法人向けクラウドストレージ選びに困ったら
・まとめ

法人向けクラウドストレージと個人向けクラウドストレージの違い

 クラウドストレージはさまざまな事業者から提供されていますが、法人向けと個人向けの2つに大別できます。共通の特徴としては「インターネットに接続できる環境さえあれば、場所を問わずデータにアクセスして閲覧や編集ができる」「データはクラウドサーバー上に保存されるため、パソコンなどの端末が故障してもデータが守られる」などが挙げられます。では、個人向けと法人向け、それぞれの特徴はどういったものになるのでしょうか。

個人向けクラウドストレージの特徴
 個人向けクラウドストレージは、初期費用や月額費用が安価に設定されているケースが多いです。GoogleドライブやiCloudなどが代表的で、プライベートな写真や動画の保存場所として利用している人も多いのではないでしょうか。しかし、個人向けクラウドストレージは安価なぶん、保存可能なデータ容量が法人向けと比べると少なく設定されている場合があります。例えばGoogleドライブの場合、15GBまでは無料で、15GBを超えると有料になります(2022年8月31日時点)。また、個人向けクラウドストレージは複数人での利用を想定しておらず、ファイル共有機能などが用意されていない場合もあります。

法人向けクラウドストレージの特徴
 法人向けクラウドストレージは、ファイル共有機能や複数人での同時アクセス機能など、ビジネスシーンで活用できるさまざまな機能が用意されています。また、保存可能なデータ容量が個人向けより多く、機能も豊富に用意される傾向のため、高価になる可能性があります。

企業が法人向けクラウドストレージを利用するメリット…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

【MT】

あわせて読みたい記事

「クラウド・共有」人気記事ランキング

連載バックナンバー

覚えておきたいクラウド&データのキホン

無料!おすすめのダウンロード資料

  • クラウドストレージ利用実態調査2022

    クラウドストレージ利用実態調査2022

    近年、ユーザー嗜好の変化を適切につかみ、ビジネスチャンスを生み出すヒントとして注目を集めるがデータの利活用。ビッグデータの活用とまでいかなくても、企業活動の中で取り扱うデータは増加する一方です。日々の業務においては、膨大なデータをいかに効率的に管理・保管するかが1つの焦点となる。その課題解決に向けて注目を集めるのが、クラウド上のデータ格納スペース「クラウドストレージ」(オンラインストレージ)の利用です。その実態について調査を行いました。

  • 企業のDX対応意識調査2023

    企業のDX対応意識調査2023

    データの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルの変革や経営革新の切り札として期待される「DX(デジタルトランスフォーメーション)」推進。企業はその対応に向けて何を進め、どのような点を課題に感じているのだろうか。こうした企業意識について調査を行いました。

  • 電子帳簿保存法対応調査2023

    電子帳簿保存法対応調査2023

    2022年に施行された改正電子帳簿保存法。その猶予期間が、2023年12月31日で終了となります。多くの企業にとって、インボイス制度(同年10月スタート予定)も鑑みつつ、本制度が定める電子取引データの電子保存などに対応するための準備が喫緊の課題となります。では、企業はどのように準備を進めているのだろうか。その最新動向について調査しました。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

配信期間:2023年9月15日(金)~2024年8月30日(金)

セキュリティ関連

【経済産業省サイバーセキュリティ課登壇】 サイバー攻撃に対して中小企業が取るべき対策とは

  • 新着記事

配信期間

2023年5月31日(水)~2023年12月26日(火)

法改正関連

税理士登壇!インボイス制度の解説