覚えておきたいクラウド&データのキホン(第3回)「クラウド」と「ホスティング」は何が違うのか?

クラウド・共有

2022.03.31

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 サーバーを導入する際、購入せずにインターネット上でサーバーをレンタルする「クラウド」「ホスティング」というやり方があります。本記事では、自社での利用に適したサーバーを選ぶためのクラウドとホスティングの違いと、そのメリット・デメリットを解説します。

クラウドとホスティングの違い

 前述した通り、クラウドとホスティングはどちらも「インターネット上でサーバーをレンタルする」ものです。違いとしては、クラウドは必要に応じて料金やスペックを柔軟に変更できるのに対して、ホスティングはあらかじめ決まっていることです(クラウドはデータ保管に用途が限定される場合「クラウドホスティング」、ホスティングは「レンタルサーバー」と呼ばれることもあります)。

クラウドでのサーバー利用

 クラウドにはSaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)といった複数の形態がありますが、ここではIaaSで提供されるクラウドを前提に説明します。IaaSで提供されるクラウドは、CPUやメモリー、ストレージ容量といったスペックで選定・契約します。必要に応じてリソースを追加することも可能で、従量課金制を採用しているクラウドがあるのも特徴です。

 クラウドには大きく「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」の2種類があります。

 パブリッククラウドはサーバーや回線を複数人で利用、プライベートクラウドは1社のみで利用する形態です。自社専用のシステムを構築したい場合はプライベートクラウドを、安価にクラウドを利用したい場合はパブリッククラウドといった使い方が考えられます。最近では異なるクラウド事業者やパブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウドなども注目を集めています。

ホスティングでのサーバー利用

 ホスティングは、事業者が用意したプランの中から自社に適したサービスを選定・契約します。クラウドと異なり、スペックを細かく選定することはできず、月額料金や契約期間などがあらかじめ設定されていることも少なくありません。

 1台のサーバーを1ユーザーが利用する「専用ホスティング」、複数ユーザーが利用する「共用ホスティング」、仮想的に専用ホスティングと同様の環境が利用できる「VPSホスティング」といった種類があるのも特徴です。

 共用ホスティングは他のユーザーと同一のサーバーを利用するため、あるユーザーのホスティング領域に負荷がかかると、他のユーザーに影響が生じることもあります。他のユーザーへの影響が気になる場合は専用ホスティングを選ぶべきですが、多くの場合で費用が高くなりがちです。共用ホスティングはOSのセキュリティアップデートなどをサービス事業者側が行うといった運用面でのメリットもありますので、用途や金額に応じて最適なものを選択しましょう。

クラウドとホスティングのメリット・デメリット…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

あわせて読みたい記事

  • ビジネスコミュニケーション手法の改善(第8回)

    データ活用の本命、クラウドストレージを手軽に

    クラウド・共有

    2022.03.30

  • セキュリティ対策虎の巻(第7回)

    世代管理のデータバックアップでランサムウエア対策

    運用管理・監視 データ保護・バックアップ

    2017.05.24

  • 小さな会社のトラブル抑止(第2回)

    火災、地震…災害後、すぐに仕事を再開できるか

    災害への備え

    2017.10.24

「クラウド・共有」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

覚えておきたいクラウド&データのキホン

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。

配信期間

2022年5月11日(木)~2023年3月31日(金)

セキュリティ関連

テレワーク時代に潜むセキュリティリスク
~企業がとるべき対策とは~

組織のネットワークに侵入し、重要な業務データの暗号化や盗難と金銭目的の脅迫を行う「侵入型(標的型)ランサムウェア」が猛威を奮っています。
日本でも被害が相次ぎ最大限の警戒が必要な状況が続いていますが、オフィスのリスク・脅威への備えは万全ですか?
本セミナーでは、最新の侵入型ランサムウェア動向とその対策についてご紹介します。