覚えておきたいクラウド&データのキホン(第26回)防犯・監視用クラウドカメラとは?知っておきたいメリット&導入のコツ

クラウド・共有

公開日:2022.09.29

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 「クラウドカメラ」は、カメラをネットワークに接続し、映像データをクラウド上に保管できる機器のことです。ネットワークカメラやIPカメラとも呼ばれており、従来の防犯カメラ・監視カメラと比べて、利便性や導入コスト面で優位性があることから近年注目を集めています。そこで本記事では、クラウドカメラの活用シーンや通常の防犯カメラや監視カメラと比較した際のメリット・デメリット、導入を検討する際に押さえておきたいポイントを紹介します。

目次
・クラウドカメラを導入するメリット
・クラウドカメラの利用シーンと用途
・要チェック!クラウドカメラのデメリット
・クラウドカメラの選び方4つのポイント
・まとめ

クラウドカメラを導入するメリット

 近年注目を集めているクラウドカメラですが、従来の防犯カメラ・監視カメラと比べた場合にどのようなメリットが考えられるでしょうか。ここでは3つのメリットをご紹介します。

メリット1:カメラの映像を遠隔で確認できる
 クラウドカメラで撮影している映像はクラウド上に保管されるため、インターネット環境さえあれば、どこでも映像を確認できます。

 パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末からもアクセスできるクラウドカメラサービスを活用すれば、外出先や移動中に手元のスマートフォンですばやく確認することも可能です。

メリット2:録画データの消失リスクを抑えられる
 アナログタイプの防犯カメラ・監視カメラの場合、録画機器や記録メディアが故障したり壊されたりすると、録画データが消失するおそれがあります。その点、クラウドカメラはクラウド上に録画データが保管されるため、故障や破壊行為によるデータ消失の可能性を抑えることができます。

 仮にカメラ自体を破壊されたとしても、壊される直前までの映像がクラウド上に保存されるため、映像の確認が可能です。
※機種によっては、あらかじめ設定した時間や容量に応じて自動的にバックアップを行うものもあります

メリット3:初期導入コストの削減が期待できる
 クラウドカメラの機種にもよりますが、従来のアナログタイプのカメラと比べると、配線工事費や設置作業費といった初期費用が抑えられるケースが多いです。

 また、録画データはクラウド上に保管されるため、録画機器を用意する費用は不要です。録画メディアの購入や保管費なども考慮する必要はありません。

クラウドカメラの利用シーンと用途…

続きを読むにはログインが必要です

\ かんたん入力で登録完了 /

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆= NTT西日本

【MT】

あわせて読みたい記事

  • ITで働き方を変える(第9回)

    AIと連携し、クラウドカメラで映像データを分析

    自動化・AI クラウド・共有

    2021.03.17

  • ITで働き方を変える(第2回)

    クラウドカメラならばデータが“生きる”

    クラウド・共有

    2020.01.15

  • ITで働き方を変える(第3回)

    クラウドカメラ、いろいろ遠隔監視

    クラウド・共有

    2020.02.19

「クラウド・共有」人気記事ランキング

連載バックナンバー

覚えておきたいクラウド&データのキホン

無料!おすすめのダウンロード資料

  • 個人経営店なら知っておきたい 防犯カメラもクラウドに!安心の枠を超えたビジネス活用事例

    個人経営店なら知っておきたい 防犯カメラもクラウドに!安心の枠を超えたビジネス活用事例

    インターネット経由で遠隔確認できるクラウド型の防犯カメラは、場所を選ばず現場のカメラ映像を確認できるのが特長で、種類や利用シーンも豊富です。そもそも防犯カメラにはどんな種類・サービスがあり、どのように選べば良いのか、設置するべき業種や使用例、防犯カメラを導入した成功事例も紹介しながら解説します。

  • ビジネスチャット利用実態調査2022

    ビジネスチャット利用実態調査2022

    長期化するコロナ禍への対応や働き方改革の実現に向けて、テレワーク・リモートワークが一般化しつつある中、多様化する社内コミュニケーションの円滑化に向けて変化が生じています。これまでオフィスで日常的に行われていたちょっとした連絡や相談を実現するための「ビジネスチャット」の利用だ。では、実際にビジネスにおけるチャット活用度合いやツール選定はどうなっているのだろうか。その利用状況について調査を行いました。

  • ”顧客に会えない時代”の営業支援ツールガイド

    ”顧客に会えない時代”の営業支援ツールガイド

    コロナ禍の長期化により、多くの企業が従来の営業スタイルを見直し始めています。顧客との物理的な接触機会を最小限に抑えた営業活動が求められているからです。そのような時代の営業活動に役立つツールを解説します。

オンラインセミナー動画

  • 新着記事

配信期間

2024年6月11日(火)~2024年9月30日(月)

DX・業務効率化関連

アトツギに聞く「守るために変わる」社内コミュニケーションとは

  • 新着記事

配信期間

2024年6月5日(水)~2024年7月31日(水)

カーボンニュートラル関連

カーボンニュートラル実現への第一歩~温室効果ガスの可視化・削減の最新動向と具体事例~