人生を輝かせる山登りのススメ(第2回)山頂に立つより大切なこと

スポーツ

2015.08.13

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 プロセスより常に結果を求められるビジネスマン。趣味で楽しむ登山ではちょっと考え方を変えて、結果よりプロセスを大切にしてみませんか? それによって得られることも多いのです。

 第1回で紹介したように、山登りの大きな魅力の1つとして「達成感」があります。困難を乗り越えて、目標としていた山に登れたときの感動は大きいもの。それによって自信がつき、さらなる高みへとモチベーションも大いにアップするでしょう。

 山頂に立つのを目標とし、つらい登りや難しい状況に立ち向かう強い心は、山に登る上でとても大事です。でも、山頂に達する結果に重きを置きすぎると、ただ「登っただけ」で終わってしまうことになりかねません。

結果は二の次と考える

 いろいろな登山者を見ていて感じるのは、まるでノルマをこなすかのようにピークハントしている人が案外多いということ。もしかしたら無意識のうちに仕事的な考えを、趣味に持ち込んでしまっているのかもしれません。

 山に登る目的は人それぞれでよいのですが、山頂に立つことだけを目標にすると、結果は登れたか、登れなかったかのいずれかになってしまいます。もし、登れなかったときは失望感が心の多くを占めるでしょう。

 1956年、日本人によるマナスル初登頂(参考:NHKアーカイブス「日本登山隊 マナスル初登頂」)を契機に戦後の登山ブームが起こりました。今でも登山に対しては「挑戦」「挑む」といった言葉がよく使われ、登れなかったときは「敗退した」などと表現されます。でも、趣味としての一般的な登山では、山頂に立つことは使命でもなければ、まして山を相手にした戦いの場でもありません。山は登山者にとって親しむもの。結果は二の次でよいのです。

楽しいと思えなくなったら下りればいい…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人生を輝かせる山登りのススメ

オンラインセミナー動画

配信期間

2022年7月20日(水)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

ハイブリッドワークセミナーこれからのテレワークとコミュニケーションのカタチとは?

新型コロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が拡大しました。
一方でまん延防止等重点措置が解除され、今後どのような働き方をすべきかめざすべきか迷われる企業さまも増えているのではないでしょうか。
本セミナーでは日本テレワーク協会の村田瑞枝氏をお招きし、これからのテレワークのトレンドや、コミュニケーションのあり方についてお話いただきます。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。