人生を輝かせる山登りのススメ(第29回)世界遺産、熊野古道・伊勢路を歩く(前編)

スポーツ

2017.11.24

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 平安時代から人が通い、江戸時代には「伊勢へ七度、熊野へ三度」といわれるほど信仰厚い人々の往来でにぎわった熊野参詣道。別名「熊野古道」とも呼ばれ、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称として知られています。熊野参詣道は2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する道として世界遺産に登録されて以来、日本人だけでなく、世界中から“歩く人たち”が訪れるようになりました。その歴史ある熊野古道の1つ伊勢路は、伊勢神宮と熊野三山とをつなぐ道です。私は今、この約170㎞に及ぶ道のりを歩いて旅をしている途中。前編と後編の2回に分けて、伊勢路歩きの魅力をお伝えしたいと思います。

伊勢神宮(外宮)から166㎞の道のりを行く。4㎞ごとに道しるべが立つ

伊勢と熊野を結ぶ祈りの道「熊野古道・伊勢路」

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を構成する「熊野参詣道」のうち、伊勢神宮と熊野三山とを結んでいる街道を「伊勢路」といいます。私は伊勢神宮(内宮)を出発し、伊勢平野を抜けて女鬼峠、三瀬坂峠、荷坂峠、一石峠を越え、今日で5日目、伊勢からは約80㎞の地点にある紀伊長島に着きました。街道筋の昔ながらの旅館に泊まりながら、毎日15〜20㎞のペースで歩いています。目的の熊野三山まで、全行程の半分といったところでしょうか。

 私が普段行っている登山は起伏が大きく距離は短め。一方、今回の伊勢路歩きは集落と集落をつなぐようにして歩くので、峠越えはあるものの、起伏は緩やかで、移動距離は長くなります。でも、バックパックや靴、ウエアなどの山道具はもちろん、ペース配分や地図読み、また疲れにくい歩き方など、山登りの技術を生かせるところも多くあるなと思いました。

伊勢路をスタートして約1.8km、女鬼峠道を行く。昔は荷車も通ったため、登山道と違って緩やかなカーブで道が作られていることに気付いた

途中にある神社やお寺にお参りしながら伊勢路を進む。写真は元伊勢ともいわれる瀧原宮

伊勢路歩きは人のぬくもりに触れる旅…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人生を輝かせる山登りのススメ

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。