人生を輝かせる山登りのススメ(第19回)雪山は危険なのか?

スポーツ

2017.01.26

  • PDF PDF
  • ボタンをクリックすることで、Myクリップ一覧ページに追加・削除できます。追加した記事は、「Myクリップ」メニューからいつでも読むことができます。なお、ご利用にはBiz Clipに会員登録(無料)してログインする必要があります。

 秋から続く冬富士や北アルプスでの滑落事故、年末年始にかけて毎年のように起こる山での遭難……これらのニュースを耳にすれば、「雪山」イコール「危険」のイメージが定着するのも無理のないことかもしれません。しかし、雪山へ行くことがすべて危険で、まるで行くことが悪いと考えるのは早計です。冬の山には他の季節にはない魅力が詰まっています。今回は雪山のリスクと魅力について考えてみましょう。

夏山よりはるかに厳しい冬の雪山

 確かに雪山は、夏山にはないリスクがあります。何より異なるのは気象が厳しくなること。気温が低く、冷え込むとマイナス20度を下回ることも珍しくありません。それにより、凍傷や低体温症の危険が高まります。また、荒れると強風が吹き、富士山などの独立峰では体ごと飛ばされるような突風が吹くこともよくあります。吹雪になればホワイトアウト状態で、動くことすらできないことも……。

 また、登山道が雪に埋もれ、降雪直後の踏み跡がない山では、自分でルートを探しながら歩かなければなりません。当然、登山道をたどれる夏より道迷いをしやすくなります。さらに凍った斜面はスリップをしやすく、滑落の可能性も高まります。雪庇(稜線(りょうせん)の風下側に、庇(ひさし)のように張り出した雪)を踏み抜いたり、雪崩に巻き込まれたりと、あらゆる面で厳しい世界です。

冬こそ出合ってほしい世界が待っている…

続きを読むにはログインが必要です

会員登録3つのメリット!!

  • 最新記事をメールでお知らせ!
  • すべての記事を最後まで読める!
  • ビジネステンプレートを無料ダウンロード!

執筆=小林 千穂

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どもの頃に山登りをはじめ、里山歩きから海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。『山と溪谷』など登山専門誌に多数寄稿するほか、『女子の山登り入門』(学研パブリッシング)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などの著書がある。現在は山梨で子育てに奮闘中。

「スポーツ」人気記事ランキング

AIによるおすすめ記事

他の方はこんな記事も見ています

連載バックナンバー

人生を輝かせる山登りのススメ

オンラインセミナー動画

配信日時

2022年6月24日(金)13時30分-15時00分(予定)

業務効率化関連

日本企業におけるDXの活用、推進による課題解決について

これからの経営の重要なキーワードとなっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。
デジタル技術の急速な発展・SDGs等の社会環境変化や市場の競争環境変化により、企業はデジタルを活用した事業や業務の変革が迫られています。
本セミナーでは、「DX」の概念の理解に加え、事例等を通じ、具体的イメージをご紹介しながらDX推進のためのポイントをお伝えすると共に、すぐにできるDXをご紹介します。
ぜひこの機会にご参加ください。

配信期間

2022年6月3日(土)~2023年3月31日(金)

業務効率化関連

企業のDX化と「攻め」のオペレーションへの転換

DXという言葉はすっかりバズワードとなり、今やすべての企業にとってデジタル化は必須となっています。
しかし、DXの捉え方は会社によってさまざまで、「とりあえずデジタル」のような取り組みをDXと位置付けているケースもございます。
本セミナーでは、まず第一部で企業におけるDXの定義とDX活動を着実に前進させるポイントについてご説明し、第二部ではDX活動の第一歩として「おまかせAI-OCR」を活用したオペレーション改革について、具体例を交えながらご紹介します。